> 趣味・ライフスタイル > 感性や創造性を養うために、休日は美術館へ行きなさい

感性や創造性を養うために、休日は美術館へ行きなさい

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012.11.01

休みの日は感性を鍛えて、創造性を養おう

休みの日だからと言って、一日中ダラダラしたり、ベッドの上でゴロゴロしているのは、非常にもったいないことです。せっかくの週休二日制なら、せめて一日を感性を鍛えたり、創造性を養う日にあてるのはいかがでしょう。

ビジネスでも感性や創造性は重要です。アイデア重視の仕事をしたり、サービスを作っているのであれば、人とは違う感性や誰にも思いつかないような創造性が必要です。感性や創造性は、何もアーティストだけが必要なものではないのです。

では、どうすれば感性を鍛えたり、創造性を養うことができるでしょうか。週休二日制なら、一日を美術館に行ってみてはいかがでしょうか。

休みの日は美術館で刺激を受ける

休みの日は美術館に行ってみましょう。あまり、絵画などに詳しくなくても、少しでも画家の名前は知っていますよね?ネットで検索すれば、知っている画家の企画展を見つけることができるでしょう。

まず、少しでも知っている画家の企画展を見に行くところから始めてみます。有名画家の描いた絵画からは多くの刺激を受けることができます。印象派やシュールレアリズムなどが分からなくても、何かしらの感想や刺激を受けるはずです。

非日常空間にはお金を払え!

美術家に外でも刺激を受ける、非日常空間はたくさんあります。映画館で新作映画をみたり、水族館へ行ったりすることも感性や創造性を磨くきっかけになります。

非日常空間へはかならず、お金を払って行きましょう。無料の招待券や優待券などで見に行ってもなかなか学びながら見るということは出来ません。人は、何かを学ぶときに無料ではなかなか吸収しようとは思いません。

何かを得るには、必ずそれなりの対価を払う必要があります。美術館で絵をみたり、映画を観たりするというのは、ネットで絵画を閲覧したり、画集を買ったり、映画をレンタルをするということで、まかなうことが出来ます。

手軽で効率的な方法ですが、大事なのは非日常の空間へ足を運ぶことです。より深く感性を鍛え、創造性を養う環境は自宅のようなリラックスした空間では無く、非日常の空間で高められる物です。

ビジネスにも感性と創造性を!

ビジネスの場にも感性や創造性は重要です。いま優れていると言われるようなサービスや商品は、どれも感性や創造性から生まれてきている物です。

感性や創造性はアーティストの物だけではありません。むしろ、ビジネスマンこそ、磨くべき物です。感性や創造性を磨くためには美術館などの非日常空間へ足を運んでましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加