> 趣味・ライフスタイル > 今からでも遅くない!手軽に学生時代の勉強をし直す方法

今からでも遅くない!手軽に学生時代の勉強をし直す方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.02.11

2014_2_115

「もっと勉強しておけばよかったぁ・・・」。そんな台詞、誰もが一度は口にしたことがあるのではないでしょうか?社会に出ると、自分の至らなさを痛感する場面も多くなりますよね。
 
そんなとき、つい、学生の頃に暇を持て余していないで勉強しておけば・・・などと思ってしまうものです。でも、社会人になった今だって、勉強が禁止されているわけではありませんよ!ここはひとつ手軽な方法で、勉強し直してみませんか?

元・宮崎県知事 東国原さんの姿勢に学ぶ

大人になってからの勉強というテーマで、その鏡となるのが元・宮崎県知事の東国原さんではないでしょうか?当時マスコミでもしきりに話題にあがっていましたが、彼は中学生レベルの勉強まで遡って勉強し、見事早稲田大学の政治経済学部に入学。その後、目標であった知事の座についています。そこには並々ならぬ努力があったのは言うまでもないことですが、私たちが学ぶことが出来るのは、その発想です。

あなたは、若い学生に混じって塾で勉強する勇気がありますか?東国原さんが凄いのは、自分の現在の力を正確に把握して、自分に何が必要かを知っている、というところです。必要であれば、周りの目など関係なく、それを実行する。非常にシンプルなことのようですが、普通の人にはそれが難しいんですよね。

まず、あなたが身につけたい知識や学問を、今後何に活用したいか整理してみましょう。整理できたら、自分に必要な勉強方法をピックアップすれば良いのです。今の時代、100円ショップにも、計算ドリルが売っています。図書館は皆に開放されているし、そろばんやピアノなどの習い事、パソコンのスキルだって、教室で学ぶことが出来ます。選択肢はいくらでも揃っているのです。あなた自身が、必要なものさえ分かっていれば、おのずと道は拓けます。

すべての学問に通ずる脳トレに取り組む

目標が明確にあれば、あとはその道をひたすら突き進めば良いのです。ただ、まだ目標も漠然としている、でも勉強はしたい。そういう方もいるかと思います。単純に頭を良くしたい、という欲求や、何かを知りたいという好奇心だって、学問するキッカケになるのです。そこでオススメなのが、次に紹介する方法です。

一時期、脳トレという言葉が流行りました。人間が何をするにも、脳が多くの役割を担っている、ということが科学的に解明されて、ならばその脳を鍛えればあらゆることがうまくいくのでは?という発想が根底にあったように思います。その脳トレブームのおかげで任天堂DSなどのゲームや、携帯ゲームなどで、多くの脳トレ商品が発売されています。これから何か勉強をしたいという人は、すべての学問に通ずる「脳トレ」に取り組むのもアリでしょう。

新規でゲームを買うのは気が引ける、という人は、スマホのアプリで探してみても良いと思います。ゲームやアプリなら手軽ですし、スキマ時間の活用にも適していると言えます。忙しい社会人だからこそ、効率よく勉強しましょう。

勉強するメリット

当たり前ですが、勉強するメリットは多くあります。仕事にだって通ずるし、生活でも恋愛でも、役に立たないことはないのではないでしょうか?何気なくネットサーフィンすることでも知識は広がりますが、どうせなら 自分に効率よく活かせる知識を増やしていきませんか?

「一生勉強」とはよく言ったもので、勉強するのに遅いなんていうことはありません。手始めに、今回ご紹介した方法からひとつピックアップして、実践していただければと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加