> 趣味・ライフスタイル > 勉強や仕事にも使える!頭の回転をはやくする超簡単な7つの方法

勉強や仕事にも使える!頭の回転をはやくする超簡単な7つの方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.01.28

仕事も勉強も頭の回転がはやい方がいい!

仕事ができる人、勉強ができる人はみな頭の回転がはやい人です。「頭の回転をはやくしたい」と思っている人は非常に多いのではないでしょうか。

「そういうのは才能で生まれつきのものだ」と思うかもしれませんが、実はある簡単な7つのことで、頭の回転をはやくする事ができます。

1.しっかりと睡眠を取る

睡眠不足だと、頭の回転は鈍くなってしまいます。しっかりと睡眠を取るようにしましょう!

なるべく6時間以上の睡眠を取るようにしましょう。6時間の睡眠が難しい場合でも、午後10時から午前2時の睡眠のゴールデンタイムにしっかり睡眠を取っておくといいでしょう。

もしくは、日中に15分程度の瞑想をして頭の中を空っぽにしたり、整理することで脳に掛かっている余計や負荷を開放することができるので効果的です。15分の瞑想は夜間の睡眠の1〜2時間分の効果があるといわれているので、試してみるといいでしょう。

2.ブドウ糖を取る

脳にとって、ブドウ糖は貴重な栄養源です。ブドウ糖というと、甘い物を食べればいいというイメージを持つかもしれませんが、甘い物ばかりを食べるのではなく、米やパン、麺類などのデンプンを含んだ食べ物から摂取するのが効果的です。

また、朝は時間がなく、朝食を抜く人も多いでしょうが、きちんと米やパンなどの主食を食べてブドウ糖を補給しておきましょう!3食バランス良く食べるのも大切です。

3.リラックスする

緊張は、頭の回転を鈍くしてしまう大きな原因になります。リラックスして、肩の力を抜くことで頭の回転がはやくなります。

余計な緊張や力が全身にあると、カラダが固まってしまうように、頭も固くなってしまいます。柔軟な発想を展開するには、リラックスが大事です。

4.人にアイデアを話す

もし、アイデア出しに煮詰まってしまって頭の回転が遅くなっていると感じたら、自分のアイデアを人に話してしまいましょう。

「アイデアを人に話すなんて」と思うかもしれませんが、人に話せないようなアイデアは、あなたの頭の中でずっと燻ったまま日の目を見ることはありません。

アイデアがうまくまとめらないときは、人に話すことで考えがまとまったり、相手から重要なアドバイスや新たな提案のヒントになることを選られるかもしれません。

5.早起きをして朝活をする

朝は、夜よりも頭がスッキリとしているので仕事をしたり、勉強をしたりするのにも最適な時間です。そのため、頭の回転をはやくしたい場合は、早起きして朝活をするといいでしょう。

朝の5時くらいから7時までは寝ている人が多いため、邪魔してきたり、誘惑してくるような人もいません。考え事をするにしても、夜よりも朝の方が効果的です、

6.情報を取り過ぎない

脳に情報を詰め込みすぎると、頭の回転は鈍くなってしまいます。最近は、ネットで簡単に情報を収集することができますが、集めすぎるのは逆効果です。

頭の回転をはやくするには、情報を詰め込むよりも情報を出すアウトプットの作業が必要になります。頭の回転をはやくしたいときは、情報の収集は最小限にして、情報を引き出しやすくするといいでしょう。

7.1週間の記憶を呼び覚ます

頭の回転をはやくするエクササイズとして、ここ1週間の記憶を呼び覚ますのが効果的です。1週間の出来事でも、人は日が経つごとにドンドン忘れて行ってしまいます。この忘れてしまった記憶を思い出そうとする作業が大切です。決して、鮮明に思い出す必要はありません。ただ、思い出そうとするのが重要です。

思い出そうとする行為は、脳全体をフル稼働させることができるので頭の回転をはやくするトレーニングには最適です。

頭の回転は自分からはやくできる!

頭の回転は、毎日のちょっとしたことを気をつけたり、トレーニングを積むことで速くする事ができるものです。

「生まれつきの才能」と最初から諦めてしまうのではなく、今日からできることを実践してみてはいかがでしょうか。頭の回転がはやくなれば、仕事や勉強が大きく進めることができるはずです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加