> 趣味・ライフスタイル > 普通の人とは違う!頭がいい人が実践している5つの考え方

普通の人とは違う!頭がいい人が実践している5つの考え方

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.05.06

頭のいい人は、普通の人と何が違うと思いますか?「勉強ができる」「成績がいい」「TOEICの点数が高い」「難しい資格試験をパスしている」もちろん、そういう事も頭のいい人と言えるでしょうが、“頭のいい人”というのは、物事の考え方が上手い人だと言えます。そこで、頭のいい人が実践している“物事の考え方”を5つ紹介します。

1.自由に考える

頭のいい人の多くは、自由に柔軟に考えるようにしています。物事に制約を加える事で、いい発想ができる場合があります。しかし、大胆でイノベーティブな発想ができるのは、なるべく制約を設けること無く、自由に考えるようにしています。

もし、ブレインストーミングなどで「そのアイデアはダメだ」などと頭ごなしに言っているのなら、それはせっかくのアイデアの種を潰してしまっているのと同じです。もっと何の制約をかけず、自由に考えるようにしましょう。

また、最初から「これはどうせダメだろう」と決めつけて考えているのでは、いいアイデアは生まれませんし、頭でっかちになって考えるのもより良いアイデアは生まれづらくなります。

特に科学者や研究者のような仕事をしている人は、過去の常識にとらわれず、ある程度は自由に考えるようにしています。まずは、自由に考えるようにしてみましょう。

2.ポジティブな未来を想像する

「どうせ失敗するだろう」「若手の自分の意見は聞き入れてくれない」など、ネガティブな気持ちで物事を考えていても、良い物は生まれません。

エジソンやライト兄弟などの発明家は、何度も失敗を繰り返していますが、「必ず成功する」とポジティブな未来を想像していたからこそ、偉大な発明品を生み出してきました。何か考え事をする場合でも、ポジティブな未来を想像して考えるようにしましょう。

3.相手の気持ちになって考える

自分本位で考えているだけでは、決してあなたのアイデアや意見は通りません。相手の気持ちや、利用者の気持ちになって考える事で、より良い物が生まれます。Apple製品のデザインや機能、Googleのサービスなどが良い例でしょう。

「相手や利用者が使いやすいように」と考えて作られているからこそ、根強いファンや多くの人が使う製品、サービスが生まれてきます。自分の意見も大事ですが、相手の気持ちになって考えるだけで良い物が生まれる思考回路や環境が出来上がります。もっと簡単に言うと「ありがとう」や「笑顔」を作るように考えてみるといいでしょう。

4.カウンセラーになったつもりで考える

“相手の気持ちになって考える”と書きましたが、では相手の気持ちを考えたり、くみ取ったりするにはどうすればいいでしょうか?1つは、“聞き手に回る”です。相手の話の中には、解決したい問題などがたくさんあります。それをいかに聞くのかが重要になります。

ヒアリングが大事ですが、感覚的にはカウンセラーになったつもりで相手の話を聞くようにしましょう。ただ、問題点を聞くだけというよりは“問題点”を掘り下げて聞くようにします。問題の根源を探すカウンセラーの様な感覚で話しをするようにしましょう。掘り下げた質問や鋭い質問をするように頭を使ってみましょう。

5.無駄な情報はインプットしない

頭の使い方が下手な人は、不要な情報に左右されている事が多くあります。無駄な情報や知識、ネガティブすぎる意見などは時には、あなたの思考を妨げます。もちろん、多角的に物事を考えたりするには、情報収集は大事です。

最近では、情報収集はビジネススキルとして、非常に重要ですが、あまり過度に集めすぎるのも考え物です。自分にとって、“ノイズ”になってしまう無駄な情報は切り捨ててしまう力を養って、状況に応じて最適な意見を言えるようにしましょう。

頭のいい人の考え方をしよう

「頭がいい」と言われる人の考え方は、多くの人を幸せにしたりする考え方です。仮に自分の特にしかならない考え方をしているのなら、それは“自分勝手な考え方”です。

他人の幸せの為に頭を使える人こそが、頭のいい人と言えるのではないでしょうか。“頭のいい人の考え方”をして、ビジネスやプライベートをより充実させてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加