> 趣味・ライフスタイル > 朝の憂鬱な気分をあっという間に簡単に振り払う5つの方法

朝の憂鬱な気分をあっという間に簡単に振り払う5つの方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.12.31

朝をスッキリ爽やかに過ごそう!

毎朝、スッキリ爽やかに過ごせていますか?朝から憂鬱な気分だと、一日中気分が乗らなかったり、ネガティブな気持ちで過ごしてしまったりします。

朝をどう過ごすかで、仕事や私生活に大きな影響を与えてしまいます。「毎朝、気分がすぐれない」という人は、今回紹介する朝の憂鬱な気分を振り払う5つの方を試してみてはいかがでしょうか。

1.カーテンを開けて日光を浴びる

まず、起きたら部屋のカーテンを開けて朝の光を浴びましょう!

例え、外が曇っていたとしても蛍光灯などの光では無く外の光を少しでも浴びるようにしましょう!

日光は、体内時計をリセットする効果があります。また、朝起きてからなるべく早く光を浴びることで、カラダが素早く覚醒して、二度寝したりすることがなくなります。

目覚まし時計を窓の近くにおいて、目覚ましを止めたらカーテンを開けるようにするといいかもしれません。

2.ベッドを整える

カーテンを開けたら、ベッドをキレイに整えましょう。
間違っても、カーテンを開けた後に再度ベッドに倒れ込んだりしないようにしましょう!

シーツを伸ばして、掛け布団を整えます。ベッドでは無く布団で寝ている人は、布団を片付けてしまいましょう。

起きてすぐにベッドを整えたら、朝から気持ちよく過ごせるはずですし、二度寝防止にもなります。

3.目薬を差したり、歯を磨いたりする

起きた直後は、眠さで目がなかなか空かないということがあります。

そういう時は、目薬をさしてみましょう!

清涼感のある目薬をさせば、一気に目が覚めます。目薬の代わりに歯を磨くのも効果的です。

朝、起きたばかりの段階では、口の中はかなり汚れてしまっています。

ミントの強い歯磨き粉を使って、口の中の汚れを落とせば、気分もスッキリしますし、目も覚めます。

4.コーヒーを自分でいれて飲む

朝から、コーヒーを自分でいれてみましょう。
インスタントでも問題ありませんが、オススメなのは豆や粉からゆっくりといれて飲むことです。

豆や粉からコーヒーをいれたほうが、コーヒーの香りを楽しむことができます。
コーヒーの香りやコーヒーに含まれているカフェインには、覚醒作用があるので、朝から気分をスッキリとさせることができます。

5.早起きして朝食をゆっくり食べる

朝食をゆっくりと食べるのも、朝の憂鬱な気分を振り払うには効果絶大です。

毎朝、出かけるギリギリまで寝て朝食を食べずに出かけるという人は、早起きして朝食をゆっくりと食べてから出かけるようにしましょう。

朝食をとることで、朝から脳にエネルギーがいくので、一日中快適に過ごすことができます。

朝食を食べる習慣がない人は、朝からエネルギー不足になっていることが多いので、気分がすぐれないというパターンになりやすいものです。

朝食を食べるのは、朝の憂鬱を振り払ったり、1日を気分良く過ごすには必須です。
また、慌ただしく朝食をかきこむよりも、ゆっくり食べると、気持ちにも余裕が生まれます。

朝からいい気分で過ごしたいなら、少し早起きして朝食を食べるといいでしょう。

朝はさわやかに過ごそう!

朝をどういう気分で過ごしたかによって、1日の気分や体調に大きく影響を与えます。

朝はできるだけ爽やかに過ごせるように心がけてみましょう!

今回紹介した5つのことを、1つでも試してみると1日の気分が大きく変わるかもしれません!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加