> 趣味・ライフスタイル > 早起きは三文の得!朝からクスッと笑えるラジオ!

早起きは三文の得!朝からクスッと笑えるラジオ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.11.30

みなさん、毎日のお勤めご苦労様です!夜遅くまで働いて、帰宅し、夕飯を食べ、そしてすぐ寝て、朝早くに起きる生活は本当に大変だと思います。特に、早く起きなければならない朝ほど、なかなかベッドから離れたくないでしょう。

そんな企業戦士のみなさんに、今回はオススメのラジオ番組をご紹介します!目覚めが悪い朝こそ、目が冴えてしまうラジオを聴いて、気持ちの良い朝にしてみてはいかがでしょうか?

ヒヤヒヤできるラジオ番組

生島ヒロシさんをみなさんご存知でしょうか?90年代はテレビにも広くご出演されていた名アナウンサーの一人です。生島さんは今、TBSラジオで平日早朝5時から生放送番組を担当されています。

では、「朝のラジオ番組」と言えばどんな番組を想像しますか?爽やかな音楽と爽やかなDJの声を届けてくれる、というイメージがあるのではないでしょうか。

しかしながら、平日の朝にそんな爽やかな番組を聞いてしまうと、せっかく目覚めたのにもかかわらず、布団のなかで気持ちよくなってしまい、ウトウトする可能性もあります。仕事を控えた朝は、パチっと目が覚めるラジオを聞きたいもんです!

そんな朝にうってつけなのが、「生島ヒロシのおはよう定食・おはよう一直線」です。とにかく、既存のラジオ番組のルールをまったく無視した生島さんの喋りに、リスナーである筆者は眠気が吹っ飛ばずにはいられません!

ラジオのDJならば、やはり意識するのは聞き心地の良いトークスタイルを番組でリスナーに届けようとするのが常です。しかしながら、生島さんはその考えを打ち破るトークスタイルを提示してくれます。

たとえば、くしゃみ。とにかく、生島さんはくしゃみしたくなったら、どんな時でも「ヘックション!!」と所構わず、生放送中にくしゃみをなさいます。「も、もしや、これは放送事故か?」とリスナーもヒヤヒヤしてしまうほどです。しかし、このヒヤヒヤ感が眠たい目をパチッと覚ましてくれるのです。

原稿なくすは、ムチャぶりするは、生島さんの司会っぷり

そして、生島さんの番組で聞き逃せないのは、他にもあります。ほとんど毎日、生島さんがやっちゃうのが、原稿を失くしてしまうということです。これはラジオDJとしては致命的なミスなのですが、生島さんは原稿がどこに行ったかわからなくなったことを包み隠さず、あけっぴろげに口にしてしまいます。

「あ、あれ?次の原稿、どっか行っちゃったなぁ。あぁ、困った困った。どこだ?どこでしょうか?あ、ここにありました、ありました。はい、次のニュースです」という感じで、“原稿の紛失”をありのままに伝えてしまうのです。

この時も、リスナーは言うまでもなくドキドキヒヤヒヤしてしまいます。普通ならば放送事故と言われても仕方がないことが生島さんの番組スタジオでは平然と行われているわけです。「今日も無事、生放送を終えることができるのだろうか?」という不安は毎日尽きることはありません。放送終了を無事確認するため、早朝でも目が覚めてしまうこと請け合いです!

さらに、生島さんの番組の聞き所として挙げておきたいのは、お天気キャスターの方にお天気とまったく関係のない話をふってしまう生島さんのトークです。「最近、からだの調子どうよ?」とか「今日の朝は、何か食べましたか?美味しいもん食べてますか?」などなど、まったく天気と関係ないことを堂々とお天気キャスターに聞いてしまいます。

「そんなことを聞かれても困るんですが」というお天気キャスターのみなさんの気持ちがありありと聞こえてくるそのやりとりは番組の魅力のひとつです。「生島さんのむちゃブリに負けるな!お天気キャスター!!」と声援を送らずにはいられません。

このように、平日朝5時から生放送の「生島ヒロシのおはよう定食・おはよう一直線」は、聴き始めるとなかなか寝ることができません。朝が苦手な方は「今日も放送、無事終了するかな?」と、この番組のことを気にかけることで、早朝でも目が覚めるような体質になるこの番組がオススメです。是非、一度騙されたと思って聴いてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加