> 趣味・ライフスタイル > ありのままの自分を見せて、器の大きさを表現する方法

ありのままの自分を見せて、器の大きさを表現する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.02.25

貫禄がある人っていますよね。ビジネス界だと与沢翼さんとかも、ものすごいオーラがあります。わたしは、彼のセミナーに参加した事があるのですが、やはり不思議なオーラがあり、とても引き込まれる魅力があります。言葉のひとつひとつに説得力があり、とても貫禄があるんですよね。

ワンピースの覇王色の覇気というのと感覚的には近いんですかね(笑)天賦の才があるから、成功したのではなく、成功する力があったから天才と呼ばれるようになった・・・そんな感じなんですよね。なので、本当に力のある人というのは、圧倒的に引きつけるなにかを持っています。

今日はありのままの自分を見せて、器の大きさを表現する方法についてお話ししようと思います。どうぞ最後までおつきあいいただきまして、称賛や尊敬を得る、すばらしい人生を歩まれてください。それでははじめようと思います。

なぜ背伸びするのかを考える

わたしもそうですが、知り合いにもたくさんこういう人はいます。そのままの自分を見せるのが恐い。本性をばらして嫌われるのがイヤだ。だから器以上の自分を見せて偽の価値でも良いから、相手に良い印象を与えたい。

後でばれてもそれは仕方ないという感じなんでしょうね。わたしはしませんが、こうゆう人はとても多いです。しかしながら、こうゆう風に考えるとわかると思いますが、相手からすると騙された気になりますので、頭にきますよね。

ショックを受ける人もいるでしょう。なので、恐くても嫌われても良いから、最初にありのままの自分を見せる事をおすすめします。そっちの方が圧倒的に得なんです。

わたしの知り合いにこういう人がいます。出会い系サイトで出会って、体型は普通だと言っていたのに、実際に会ってみたら、ものすごい太っていて、ショックを受けたと。

これと同じだと思って良いですね。あなたが、自分を見せないという事は、相手を騙している事になるので、やらない方が良いと思います。

それに、その知り合いは、女の子なんですが、デートに行くために、洋服を買って、美容院まで行って、相当お金かけて会ってるわけです。話とは全然違う人が来たら、ショックを通り越して怒りが湧くと思いませんか?

コンプレックスを見せる事は、強さの裏返し

自分の弱さを見せれるという事は、強さの証明だったりします。自分をよく見せるのは誰でも出来ます。嘘をつけば良いし、高い服で自分を装い、高級外車を乗り回し、美しい女性をよこにつければいいです。

別に、金持ちになる必要も、美女と付き合う必要もありません。レンタルなり、女性とはそのときだけの付き合いをするなりすれば良いです。

しかし、こんな事では、あなたの価値は上がりません。わたしは、実はブランドものの洋服を身にまとうのもどうかなと考えています。

わたしも、ルイヴィトンの財布が好きで、高校生の頃から、バイト代はたいていくつか購入してきたのですが、あの高級感が自分を満たしてくれるから持っています。

わたしは昔から、みんなが持っているから、欲しいというような競争意識はまったくなく、みんなと同じ物を買う意味が分からなかったのです。しかし、ヴィトンの財布だけは、わたしはただただ幸せな気持ちになるので、持っています。他のブランドではだめなんです。

別に、自分を肯定しているわけではなくて、他の方がどのような思想を持って、ブランド品をもたれているのかはわかりませんが、自分をよく見せるためにブランド品で身を固めるのはどうかなとおもうわけです。

だって、そのブランド品がなくなれば、あなたの価値が下がるのってやっぱりおかしいなと思うんです。高級外車を乗り回しても、ぶつけてしまえば、女性にモテなくなるのは、絶対に違うとは思いませんか?

なので、いろいろ小細工をしたり、背伸びして自分を良く見せようとするよりも、そのままを見せた方が、潔くてとても好感がもたれます。これは異性でも同性でも同じです。

シンプルでしょう?

簡単です。そのままをなんの着色もなく伝えるのです。たとえば、太っているなら、太っていると伝える。太っている人がイヤな人は、それを知った時点でまず離れて行きますから、大丈夫です。あなたは誠実に事実のみを伝えた。それで嫌われたのならしょうがないです。

難しくしているのはあなたの心です。虚栄心、羞恥心、プライド・・・そんなものが邪魔をして、自分を少しでもよく見せたいと思うのでしょうが、そこの闘いに一度でも勝てれば、そして、相手の良いリアクションを経験する事が出来れば、次も、そしてまたその次も簡単にいけます。

人生はとてもシンプルです。大きく見られたいのであれば、小さく見せる事です。そうすると、逆に大きく見えるようになります。さあ、今日も最初の一歩を踏み出しましょう。がんばりましょうね^^

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加