> 趣味・ライフスタイル > 落ち込んだときがチャンス!新しい自分に生まれ変わる

落ち込んだときがチャンス!新しい自分に生まれ変わる

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012.12.10

普段 意識ないで生活していくと知らず知らず相手の反感を買い、それが巡り巡って自分に帰ってくるなんてことありますよね。影で物凄い悪口を言われたり。陰湿な嫌がらせを受けたり。しかしその度に落ち込んでいては体力的にも精神的にもちませんよね。

その場合、気分転換するなどと自己啓発の書物などによく書いてありますが、実際ものすごくショックな出来事のあとにお笑いのライブをみたりして、より落ち込んでしまうなんてことはあります。(私がそうでした)

ではどうすれば良いのでしょう。生きて行く上で必ず付き合っていかなければならない人間関係を、模索しながら少しずつ克服してゆきましょう。

ー お気楽 極楽ー

落ち込んだ時は無理をせずに、自分が楽になれる状態になり、心に溜まっているものを吐き出しましょう。でかい声を出すのはよいことです。

一人っきりになるのもいいですね。一人になる場合は色々余計な事を考えてしまいがちですので、無性で好きなことに没頭すると少しはネガティブな発想から離れることができます。

日頃から、その時のための避難用趣味のようなものが見つけられるとよいと思います。たくさんあればたくさんあるほどよいです。

ー ココロの座り心地加減ー

気持ちの持ち方を変えること。ココロを座り心地の良い座布団に座らせてあげましょう。意識しなければならないのは、あくまでひとはひとで他人なんです。相手のことなんて完全に理解し合えるわけないんです。

ですからある程度の開き直りが必要です。人間誰しも孤独なんです。他人を批判することで、自分のことを正当化している悲しいひとは、同情してあげることでいくらか気持ちが救われます。

貴方の人生はあなただけのものなのですから、人間関係で振り回されるのは時間の無駄なんです。

ー 自分のシンパを見つけましょう。ー

そして本当にあなたのことを思ってくれる良き理解者(シンパ)を持つことが重要です。良き理解者とは第三者的な立場で冷静に助言をしてくれる人です。

一緒に同調すると自分の落ち度がみえなくなります。別の角度で見てもらえればその事態の正しい対処法が見えてきます。

素直な心できちんとした対応をつづけていれば解決してゆくでしょうし、それでも相手の対応が悪ければ知らんふりしていればいいのです。良い行いも悪しき行いも、いずれ何らかの形で巡ってくるのですから。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加