> 趣味・ライフスタイル > 相手を許す事で憎しみから解放される考え方

相手を許す事で憎しみから解放される考え方

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.15

人にはいろんな人がいて、相性の悪い人もいれば、本当に同じ人間なのだろうかというほど、心をなくしてしまった、ひどい人までいます。いろんな人の話を聞いていると、誰かしら、許せない人というのはいるようで、わたしも昔はいました。

しかし、そんな相手のために苦しんでばかりいる自分を鏡で見た時に、とても不幸だなと感じたんです。もうやめようと。

なので今日は、相手を許す事で憎しみから解放される考え方についてお話ししようと思います。どうぞ最後までおつきあいいただき、豊かな人生を歩まれてください。もう苦しいのはイヤでしょう?さあはじめます。

距離を縮める

人と人の関係がぎくしゃくするのは、すべて「距離」に問題があります。仲良くもないのに、無理矢理仲良くなろうとしたり、遊びに誘ったり。

恋愛でも同じ事が言えます。好かれてもないのに、無理につきまとうと、拒絶され嫌われてしまいます。なので、相手との距離を縮めてから遊びに誘うなりしないと、必ず相手は距離を置こうとします。

友達にしろ恋愛にしろ、焦ってはいけません。小さな階段を一段一段、のぼっていくように、少しずつ関係を築いて行きましょう。

ここでいう距離を縮めるというのは、心の距離であって、体の距離ではありません。友達で体の距離というのは、ちょっと妙な印象を受けるかもしれませんが、仲の良い友達であれば、同性だったとしても、ずっと一緒にいても居心地は良いでしょう。

そして、相性の悪い人とは、心の距離を縮める事が、自分が心地よい心理状態を保てるようになる秘訣だったりします。

なぜ相手が嫌いか、なぜ生理的に受け付けないかですが、それは心の距離が遠く、理解出来ないからなんですよね。だから、心の距離さえなんとかすれば、恨んだり憎んだりするような事はかなりなくなります。

たとえばですねぇ・・・わたしは、結構食わず嫌いの人で、やる前から決めつけて拒絶するようなところがあるんです。

コレはいけない事だと思っていますし、なおしたいのですが、まだまだ時間がかかりそうです。しかしながら、最近思うのが、やってみたら楽しい事がとても多いんです。感動さえします。

わたしは、あまり運動が得意ではなく、当時おつきあいしていた、恋人からラウンドワンに誘われたのですが、あそこはスポーツを楽しむところなので、最初はすごく嫌がっていたわけです。

しかし、行ってみたらめちゃくちゃ楽しくて(笑)あの感動は忘れられませんでしたよね(笑)わたしの人生で一番楽しかったんです。汗だくになって楽しんでました。

また、もう一度あの感動を味わいたくて、2回、3回と行くのですが、やはり最初の時の衝撃的な感動はありませんでした。

結局は最初だけの1度限りだったのですが、やってみて良かったなと思うわけです。これは、わたしがスポーツの楽しさに触れたから、つまりは距離が縮まったわけです。

理解する事の真意を知る

理解するという事は距離を縮める事に他なりません。よく、喧嘩両成敗だとか言うと、悪いのはあいつで、どうしても許せないんだという風に言う人がいます。かなり大勢いるでしょう。しかし、実際は、お互いの真意を理解出来ないだけであって、紐解いて行くと、ちょっとした事だったりするのです。

わたしの知り合いにも同じような人がいました。ちょっと自分の本心を言ってしまったら、それが相手の癇に障ったのでしょうが、ひどく嫌われてしまい、いじめられるようになったようです。詳細を聞いても、本当にどうでもいいような些細な事なんです。

わたしの親友のひとりに、○○に似てるよねとわたしが言ったらしくて、それにひどく傷ついたのだそうです。その事を気にしており、その俳優はとても二枚目で、友人もかなりの美男子で、わたしは褒め言葉で言ったのですが、それが傷つけてしまったようです。

しかし、彼は聡明なので、そこで決めつける事はしませんでした。そこで、わたしの事を知っていき、後であれは傷ついたんだよという事を教えてくれたのですが、わたしはそれで謝罪しそれで仲直りし、更に良い関係が築けるようになりました。これは成功例です。

わたしのそのいじめられてしまった知人は失敗例ですね。もちろん、わたしもたくさんの失敗はしてきましたし、彼のようにいじめられた事もあります。わたしはいじめられていた事に気づかなかったのですが(笑)相手はものすごく怒っていたようですね。

一息入れる

ずっと人を恨んでばかりというのは、神経も消耗しますし、かなりの苦痛がともないます。そんな事に苦しむのは馬鹿らしいとは思いませんか?

しかし、理屈では分かっていても、感情がそれを拒むんですよね。だから深呼吸して一息入れましょう。苦しくたって良いから、とにかく一秒でも多く忘れる努力をする。それを少しずつ増やしていければ良いですね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加