> 趣味・ライフスタイル > 相手を傷つけないで注意することが出来るマル秘テクニック!

相手を傷つけないで注意することが出来るマル秘テクニック!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.07.23

出来る事なら、争いの無い平和な世界で、戦争や憎しみ、テロや報復など、そんなのは一切ない愛と感謝に満ち溢れた世界で生きて行きたいものです。さて、国というのは民の集合体でなっており、国民ひとりひとりの意識を変える事が出来れば、当然ですが国自体がまるごと変わります。

今日は、どうすれば相手を傷つけずに自分の希望を伝えるかをお伝えしましょう。大前提として力ずくで変えようとしない事です。人間というのはそれぞれに自我があり、それを崩されようとすると精神の安定を保つために100%必ず反発します。

なので、力ずくで他人を変えようとするから争いが起きるわけです。戦争やテロなども同じであり、それが国家レベルの衝突になっているというだけの話であって、紐解いていくと自我を変えようとする反発行為なのです。

仮に暴力や武力で相手をねじ伏せ、従わせたとしても、それは強制であり、人間はそんな環境で自分の才能や能力を発揮するような事はありませんし、洗脳したとしても同じです。言われた事以外が出来ない、心が存在しない人形が出来上がるだけです。

なので、他人を力ずくで変えようとするのではなく、間接的に伝える。例えば、Aさんがよく嘘をつく人物だったと思われていたとします。それを「おまえは嘘つきだ!」などと言ってしまうと、Aさんは自我を保とうと反発します。

なぜなら、Aさんは嘘をつかないといけない理由があるのかもしれませんし、嘘をついている事に気づいていないのかも知れませんし、嘘をついていないのかも知れません。また、他に何か理由があってその行動に出ているかもしれません。

それはAさんにしか分からない事なので、決めつける事なく、ヒントをたくさん与えてあげましょう。例えば、嘘かもしれないような話をした場合、それでどうなったの?とその話の詳細を聞いてみる。それで困るようであれば、事実でない可能性が高いです。

証拠の提示を求めるのもいいでしょう。「どうせ嘘だろ、証拠を見せてみろ!」と決めつけるのではなく、「それよかったら見せてよ」と間接的に話す。本当なら見せるでしょう。見せない理由はひとつもありません。そしてもし証拠を見せた場合は、嘘をつく何らかの理由があったか、気づいていないのかのどちらかです。

後者であれば、精神疾患などの可能性も否定は出来ません。これは一般人レベルではどうにも出来ないレベルであり、医師やその人の家族に任せましょう。決めつけず、相手が分かるまでヒントを与え続ける。だって何が正解かは私たちには分かりませんし、Aさんの中にしか眠っていません。

それを導き出してあげる事が、私たちが出来る最大限の事なのです。一日でも早く世界中から争いがなくなるといいですね^^

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加