> 趣味・ライフスタイル > 出来る男を演じろ!低価格な小物でお洒落感をUPさせる方法とは?

出来る男を演じろ!低価格な小物でお洒落感をUPさせる方法とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.04.25

巷では出来る風男性が増えているのをご存じだろうか?彼らは特に高年収である訳でもないのに、女性にモテる。それは彼らがとても良いセンスを持っていて、女性がそこに強く共感しているからだ。それ程、外見がもらす恩恵は測りきれないものがある。

良い物を身につけていれば、良く見えるのは当たり前。しかし、良い物程それなりに値段が張る。今回はあくまで「低価格」に目をつけてお洒落感をUP出来る方法を考えていきたい。

手作りで勝負する

お洒落に関心のある方は、思うところが同じかも知れない。つまり、「類似品が溢れている」のだ。どこのショップに行っても大体同じ様な服が売られ、お洒落度が増すというよりは「ブランドに守られた無難」を感じずにはいられない・・・一歩間違えたら、特に高級でもないブランドに自分が着られている事になる。こう考えるとわざわざ高額なお金を払ってまで、自分の品を下げる必要性など全くのムダである事が良く分かる。何もお金をかけなくても、お洒落は出来るのだ。

そこで簡単に出来るところと言えば、アクセサリー等の小物を自分で作るというモノだ。最初は難しそうに見えるかも知れないが、やり始めて見るとそうでもない事に気が付く。例えば、手芸品店等に一度足を運んで見れば「素材を選ぶ楽しさ」を知る事になる。そして自分で選んだ素材を組み合わせて、小さなアクセサリーや革の小銭入れなんか作ってみると良い。自分のセンスで作った物が女性に評価されるのは、何よりも嬉しい事だ。そして、そんな貴方を見て女性は確実に貴方に対してお洒落BOYの称号を与えてくれる(笑)こうしてセンスが磨かれていくと、シンプルな物を選べる様になり、比較的安い単価でお洒落感をUPする事が出来る。センスで勝負するという気持ちが大切だ。何故ならセンスは、「自分で磨いていくモノ」だからだ。

どんな小物が良いのか?

とは言えどんな小物を選べば、女子受けがいいのだろうか?と考えるのは当然の事。女性も同じ事を考える(笑)この辺りは、女性も男性も考える事は同じだ。まず大前提として押さえておく必要があるのは、「自分に似合う物を選ぶ事」だ。いくら物自体に価値があり、センスの良い物であったとしても、身につける貴方に合わなければ、まさに宝のもちぐされ状態。余計に貴方のセンスを疑われる様になる。

よく洋服を選ぶ時に試着しない人がいるが、あれも一種の自分に合っているか否かを見極められていないと感じる行為だ。何故なら、サイズによって全く見え方が異なってくるからだ。着る事が出来ると貴方らしさが出ているというのは、全く別次元のものである事を理解しておこう。

もうひとつ典型的なのが、「流行りの物を付けていけばお洒落」という感覚。これは、大きな勘違い。余計にカッコ悪いという事を知っておこう。何度も言うが、「貴方らしさをつぶさない」「貴方らしさを向上させてくれる物」を選ぶ事が大前提なのだから・・・後は、自分に合うカラーであまり複雑な柄が入っていないシンプルな物を選べば良い。この時の注意点としては、もちろん「全体としてまとまっている事」。その小物だけが「浮いている」なんて事がない様に最後のトータルチェックを忘れない様にしよう。

シーンに合わせて小物を利用する

例えば割とアクティブな行動をする時に、わざわざこれでもか!といわんばかりにアクセサリーをつけてくる男性がいるが、そこは「場にあった服装」を心がける様にしよう。いつでもどこでも、ある側面から見ればその人のトレードマークでもあるし、自分の拘りを感じる事も確かにある。しかし極端な話、顧客と大事な打ち合わせの際に、ジーンズと体にフィットしたTシャツで「さぁ、始めようか!」と言われても、始める気にならない(笑)拘るばかりに、状況に合わせた行動が取れないなんてことがない様に、しっかりとイメージする事と、「相手に合わせた服装をする事」を忘れないで欲しい。逆の立場でも、「え?今この時にその服装?」と思ったことのある男性は多いはずだ。
ゴスロリですかといわんばかりの服装等・・・

服装は自己表現と言ったが、まさに言葉の通り自己表現であるから、自分を押し出し過ぎる事に対して意識する事は必要だ。足したり、引いたりする事が出来る男性こそお洒落の上級者と言えるのではないだろか・・・

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加