> 仕事 > これで解決!仕事が出来ない悩みを抱える男性社員へのアドバイス

これで解決!仕事が出来ない悩みを抱える男性社員へのアドバイス

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.10.26

自分の仕事の出来なさに、呆れたり情けなくなったりすることはありませんか?男性である以上、みなさんのほとんどの方が「仕事が出来る男」と周囲に思われたいはず。

実は能力どうこうの前に、いくつかのポイントを抑えるだけで、少なくとも「仕事が出来ない男」からは脱出できるのです。ここでポイントをご紹介しますので、仕事が出来ないと悩みを抱えている人は、是非参考にしてみてください。

まず、自覚することから始めよう

仕事の出来る男・出来ない男。この境目はいったい何だと思いますか?

もちろん様々な要素の複合体なのですが、一番の決め手は「要領の良さ」なのです。ですので、自分は仕事が出来ない、と感じる方は、「要領があまり良くない」と自覚することから始めてください。決して能力うんぬんの話ではないのですよ。

要領、そして経験と慣れ。以上の要素さえ満たすことが出来れば、大抵の仕事は普通以上に出来るようになります。ただ、この三つのうち「要領」というものだけは、身に付けようと思わないとなかなか身に付かないものなのかもしれません。

周りにいる要領の良いヤツを探せ!

皆さんの周りにも何人かは居るはずです。「アイツ、要領良いよな」と思われている方が。で、ですね…要領の悪い方の多くは、要領の良い人間を気嫌いするのですよ。

まず、これを止めましょう。自分が持っていないものを持っている。確かに嫉妬やひがみの対象です。しかし、嫉妬やひがみはプラスのものを何ひとつ生み出しませんよね?

ここはひとつ大人になって、彼らの良い所を盗んでしまった方が、絶対にみなさんのためになるはずです。そのためには、彼らに近づくことです。そして、どのようにして仕事に取り組んでいるのか、そこを観察して真似てみる。まずはそこから始めてみてください。きっと目からウロコのような、仕事時間短縮方法があるはずです。

そう、要領が良くなると作業スピードが確実に上がります。すると余った時間で、自分の作業を見直したり、クオリティを上げたりする余裕が出てくるのですね。最終的には、仕事の完成度がアップする=仕事が出来ると思われる、という図式です。

人の話を多く聞くように心がける

要領の良い方の話はもちろん、上司や部下、さらには同僚と…、とにかく仕事で関わる人間の話をなるべく聞くように心がけることです。

たとえば、同じ仕事をしていたとしても、人が違えばやり方も変わってきます。このやり方の違いを観察することは非常に良い勉強になるはずです。良い見本もあれば、悪い見本もあるでしょう。それを彼ら自身に、「どうしてそのやり方なのか?」と直接聞いてみると良いです。何も考えずにやっている人、効率を上げるアイディアが潜んでいる人…、あなたの仕事力を上げるヒントが大量にあるはずですよ。中には反面教師もいるでしょう。しかしそれすら、ありがたい存在だと思いませんか?

ですので、皆さんに目指していただきたいのは「聞き上手」です。なぜ聞き上手にならなければならないのか、というと、聞き下手の方には、あまり本音を語りたがらない、という方が多いからです。

変なプライドを持たず、人の真似ができること。人の話に素直に耳を傾けることができること。この二つさえ抑えることができれば、みなさんの仕事力は確実に上向くでしょう。

しかし、これが意外と大変なのです。とくにプライドが高い方には、結構難しいかもしれません。もしプライドの高さを自覚している方がいれば、それを捨てることが最初の一歩かもしれませんね。

私も以前はプライドが高かったと自覚しているのですが、社会で生きていくのにプライドが高くて良いことなんて何ひとつないですよ。低ければ低いほど生きやすいです。プライベートではまた話が変わってくるとは思いますけれどね…。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加