> 仕事 > 売れる文章の秘訣は作り出すものではなく繋げるものにある理由

売れる文章の秘訣は作り出すものではなく繋げるものにある理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.11.12

セールスが出来る文章、商品サービスを売ることが出来る文章を書ける人は重宝され、セールスマンと同じく優秀な人は色々な企業から依頼されたりするようです。

コピーライター、セールスライターといった呼ばれ方をし、海外では1つのレターを書いて何百万、何千万ともらう人もいるようです。ですが、それは天才的な才能がないと書けないというものではなく、誰でもあることをすることで書けるようになるようです。

売れる文章は書くより繋げるもの?

そんな文章書いただけでお金が沢山もらえる作家のような仕事なんて、才能がある人しか出来ないでしょと思う人もいるでしょう。もちろん読んで人を感動させたり独特な感性からの文章、オリジナリティがあるものは才能がある人じゃないとかけないかもしれません。

ですが、売れる文章ということはセールスが出来る文章なので、セールスにも型があるようにそれを文章に当てはめることで売れる文章にすることが出来るようです。セールスであるのはいきなり売り込むのはダメ、興味のない人と付き合わないということはそのまま文章にも当てはまることです。

インターネットでメールマガジンやブログなどで興味のある人を検索エンジンや広告などで集めることが出来るので、そこに興味のあることを書いてセールスをするのは、興味のない人を適当に集めてセールスするより効果的ではないでしょうか。

そして、対面セールスでも最初のコンタクトで信頼関係を築くコミュニケーションから始まり、相手の悩みや求めているものを聞いたり、商品サービスの紹介やメリットの説明、クロージングといった流れがあります。

文章でのセールスもそうした流れがあり、それぞれの部分で書き方や話し方は変わってくるようです。それは部分部分で売れている文章からそのパターンを借りてきて書くことで、同じように売れる文章にすることも出来るようです。

売れている広告を見つける

いつも取っている新聞の中にある広告、チラシの中でも売れているもの、何度も同じタイプが入っているものは売れている広告の可能性があります。広告は費用がかかりますが、それを回収しさらに利益に繋がる広告は一度だけじゃなく何度も出して、だんだんと効果が弱まってきたら見せ方を変えたりオファーを変えたりします。

なので、ずっと同じタイプのものであればそれは売れているからそのタイプで続けているということで、売れる部分を見つけて借りることも出来るでしょう。もちろん全文引用するのはいけないので、売れている個所の形式、たとえば箇条書きだったり文章の流れがどうなっているのかを見つけて、それをセールスに活かしていきます。

トップセールスマンの話したことをそのまま紙に書けば売れる文章になるといえるほど、セールスには売れる型やパターンがあるようです。また、それぞれの分野で書かれている売れる文章からそれぞれ持ってきて繋げるのもよく、たとえば美容業界で売れている商品のキャッチコピーと、セミナー業界で売れているサービスのベネフィットの部分をくっつけるのも面白いかもしれません。

違う商品サービス名だったとしても、売れているものは何らかの共通点があったり、人の心理に根付いた文章であることが多いので、違う業界の文章を繋げても良い結果になることも多いようです。

ストーリーにもパターンがある

最近、CMでも感動するものもあり、感動した後で商品サービス、会社名などを伝えることで感情が高まっている時に記憶してもらいやすい効果もあるようです。それこそ感動する文章を書くなんて才能が必要と思われがちですが、ストーリーにもパターンがあり、練習すれば誰でも書けるようになると聞いたら、面白く感じるかもしれません。

感動は言葉の通り感情が動くということなので、常に一定のテンション、流れというのは感動を生みません。何かの感動するストーリーを見れば分かりますが、最初から最後まで泣いていたり怒っていても感動は起こりません。最初は怒っていて、その理由が分かり、最後は泣いていたという感情の動きが伝わるものは、見ている方も気持ちが動きます。

セールスは人の気持ちを動かすものなので、過度に期待させたり焦らせることも出来ますが、その分リスクもあります。誇大表現をして期待を高めてもそれに見合ったものを提供出来ないなら、それは不満や失望に繋がってしまいます。

人はストーリーに惹きつけられるので、商品サービスに感動的なストーリーがあるだけで、それに対する情熱や思いを持つ人が増える可能性があり、それだけの思い入れがずっと支持してくれるお客さんになる可能性も高まるでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加