> 仕事 > 転職をするタイミングは退職願を書けるか否かで決まる!

転職をするタイミングは退職願を書けるか否かで決まる!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.06.14

せっかく入った会社ではあっても、なんだか自分には合わないように思う時もあるでしょう。そういった時に転職した方がいいかもしれないという気持ちになるかもしれません。人間関係と給料面、そして仕事の内容が自分の中で問題が無いのであれば、転職をしようという気持ちには、なかなかならないものです。

でも転職したいという気持ちになったということは、その中のどれかが自分の中で納得がいっていないということになります。自分が何か伝えることによって変わることであれば、変える努力をしてからでも遅くはないかもしれません。

でもおそらくは自分自身が変わらなければ変わらないことが多いのではないでしょうか。そのような中で働き続けることが、時間や労力の無駄のように感じてきてしまうこともあるでしょう。そうなってくると会社に行くこと自体が嫌になってきてしまうと思います。

今現在帰社する時間がそれなりに早いということであったり、平日に休みが取れるというようなことであれば、転職に向けて動いてみるのも良いかもしれません。

今はインターネットで簡単に転職先を探すことが出来る時代ですから、いくつかのサイトに登録をしてみて、良い仕事が来ればメールがくるというようなシステムを利用するのも方法でしょう。

なぜ自分がこの会社を辞めたいと思うのかということをまずはしっかり考えてみる必要があります。なんとなくつまらないから、やる気が起きないからというような理由であると、他の就職先に行ってもうまくいかないかもしれません。

自分が精一杯頑張ったことを認めてもらえなかったということや、どんなに頑張ってもそれを会社のために活かすことが出来ないという悔しさがある場合は、また別かもしれません。そのような場合でしたら、場所を変えることによってうまくいく可能性もあります。

たまたま今いる場所が自分自身に合っていないという可能性が高いからです。他の場所で自分自身がどれだけの能力を持っているのかということを試してみる良い機会かもしれません。

例えば部署の人数が少なかったり、後輩に頼られていて辞めにくいという現状があるかもしれません。でも自分自身のたった一度きりの人生ですから、自分が納得出来る方向に動くことが望ましいでしょう。

その方が後悔も少ないはずです。もしも次の転職先が前に勤めていたところよりも悪い環境だとしても、しばらくは頑張ってみるといいと思います。すぐに答えを出そうとしたり見つけようとせずに、自分自身が出来ることをその場所で精一杯してみるということをいつも思っておけば、いずれは自分に合う場所にたどり着けるはずです。

後悔先に立たずとは言いますが、本当に今この会社を去っても後悔はしないのか、一時的な感情ではないのかということを自分自身にしっかりと問いかけてみましょう。

そして一度退職願を書いてみるのです。それでスラスラ書くことが出来たとしたら、自分は本当にその会社から去りたいということになります。でもなんだか書くことが出来ないということなら、まだその会社に対して思いが残っていることになります。

これは一つのバロメーターになると思います。一時の感情で動こうとせずに少し先のことも考えながら、そして過去のことも振り返ってみて、冷静に客観的に自分のことを見た上で転職するべきか、するとしたらいつするべきかということを決めるようにしましょう。

決めるのは自分ではありますが、一人の考えだけで走らないように、親しい友人に相談することも必要なことだと思います。例えば転職を経験した友人や知り合いに現状について相談すると、新しく発見できることもあると思いますので、とても参考になるのではないでしょうか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加