> 仕事 > 転職する時こそ年収アップのチャンス!交渉力を発揮しよう

転職する時こそ年収アップのチャンス!交渉力を発揮しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.17

仕事の内容に不満がある、給与や福利厚生、社内の昇進制度に疑問を持っている、人間関係に疲れてしまった、より良い環境で働きたい。転職を志すきっかけというのはあちこちに転がっています。

しかし転職活動を始めても、それが上手く行く人と行かない人がいますよね。多くの方々が転職を繰り返す度に年収と待遇が下の会社へと移っている現実があります。

上手に転職し、年収アップやキャリアアップを実現させるためにも転職する時に気をつけておきたいポイントというものをご紹介させて頂きます。

安易な気持ちで転職しない

何となく疲れている、仕事が嫌になったというのは誰しもが一度は思ってしまうことです。転職というのは人生の中でも大きな転機になることが多いものですので、無計画や安易な気持ちで転職に踏み切るのは止めましょう。

転職をする時というのは、自分の健康を守る時、何かやりたいことがある時、更なる収入アップをしたい時など、目標を定めている時でないと成功しないのです。

嫌になっている仕事を毎日行ないながら転職活動を並行する、という逃げの気持ちで転職しようとすると、転職活動も定まらずに結局待遇などが低い会社にしか入れなくなってしまうのです。

勿論健康を害するような職場環境や自分の体調を気遣いたい時は転職した方が良いですが、まずは休職願いを出したり有給をあるだけ申請して長い休みを取ったりして英気を養う方が良いこともあるのです。

転職活動はプレゼンだと思おう

大多数の人は就職活動というものを大なり小なり行って現在の職に就いていらっしゃいます。自らの経験した就職活動を元にすることは非常に有効なことなのですが、場合によっては就職活動や転職活動の意識をしっかり持てていないことがあるのです。

転職活動というのは、ただ面接や試験などを受けるものではありません。面接を突破する、試験を突破するという気持ちで望んでいると、いつまでも転職先は見つからないのです。転職活動というのは、プレゼンの場だと思いましょう。

転職の求人というのは、既にある程度以上のスキルを持っていることを前提に募集をかけています。そこでは、試験を突破するのは当たり前のことなのです。むしろ重要なのは最低限御社で働くに足る書類上の能力を持っていますと示すこと、面接の場での振る舞いなのです。

面接マニュアルといったものもたくさん発売されていますが、そんなマニュアルに頼る必要はありません。普段社内や客先でプレゼンをしたりする時のように、自分自身というブランドのアピールポイントと自分自身を雇う企業側のメリットをすり合わせることが大切なのです。

ですので、面接ではただ聞かれたことに答えるだけだったり何も考えずに自分の経歴や経験をアピールするのではなく、自分が持っているスキルや経験をどのように役立てられるのかということに焦点を絞ってアピールする方が良いのです。

それは人柄かもしれませんし仕事上のスキルかもしれません。自分を雇うことでメリットがあると示すことが出来れば、後は交渉次第で転職活動は成功します。

交渉力を磨こう

言うまでもないことですが、こうした自己アピール、自分というブランドのプレゼンというのはそれなりの交渉力というものがないと上手くいかせることは出来ません。転職活動を成功させるためにも、それ以外の理由でも交渉力は絶対に磨いておくべきスキルなのです。

交渉力というのは、自分の要求を出来るだけ相手が納得する形で通すための力です。これが一番活躍するのが、給与の交渉の時なのです。

日本では実際に入社する前に賃金のことを詳しく尋ねたりするのは余り良いことではないとされている風潮がありますが、しっかり年収アップしたい場合はそんな風潮は無視してきちんと給与に関する交渉をしましょう。

給与は働く上で非常に重要な項目です。交渉力を駆使して、自分の待遇を少しでも良いものにするというのは、褒められることこそあれど咎められるものではありません。

企業側としてもきちんと自分が持っているスキルや経験を理解しており、相応の待遇を求めてくる相手の方が雇いやすいという実情もあります。いざ入社してから待遇に問題があると言われては困るからです。

まずはどの程度の給与が貰えるのか、そしてどのような昇進、昇給制度があるのか調べましょう。大抵の求人というのは同業他社や自社内で同じような能力を持っている人の年収の平均を最初提示してきますので、自分のスキルや経験に合わせて額を逆提示するのです。

この時、前の会社で幾らもらっていた、という言い方をするのは避けましょう。交渉するのであればこういった能力と何年の経験を持っている人材を雇用するならば、どの程度の給与が妥当だと思われますかと聞いてみるなど、少々婉曲的な言い回しを使うのがコツです。

その提案に妥当性があれば、企業側も最初から待遇に関して考えなおしてくれます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加