> 仕事 > サービス残業をせずに定時で帰ることが出来る方法とは

サービス残業をせずに定時で帰ることが出来る方法とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.08.09

サービス残業が当然に

気が付いたらサービス残業が当然になっていたというようなこともあるでしょう。でも実際にはサービス残業は違法な物なのです。断りたいけれど断ることによって会社に居づらくなるというようなことから本心が言えないこともあるでしょう。

自分の労働力を無料で与えるというようなことは、本来は望ましいことではありません。そしてサービス残業ばかりしていることにより、それが当然になってしまっているという人はとても多いのです。癖のようになりサービス残業をしている場合もあるでしょう。

残業体質の会社

会社によっては残業体質ということになっている場合もあります。でもそれはその会社にとっては、良いことではないのです。残業代を今は未払いにしてサービス残業というようにしているかもしれませんが、内部告発をされることもあります。

そうなると、支払わなくては済まなくなるでしょう。そして契約書にどのように書いてあったかということも大切なことです。つまりは最初に入社する前に契約書の内容をしっかり確認することが必要なのです。

そこに残業代について書いていないということも中にはあるかもしれません。でももしもきちんと書いてあるということでしたら、サービス残業であっても残業代を支払ってもらう権利があるということになります。

断りにくいとしても

残業を断ることにより、なんとなく居心地が悪くなることを恐れているということはあるかもしれませんが、そのようなことを気にするよりも、将来的に自分の心身の調子が崩れるかもしれないということを気にした方が良いでしょう。

目先のことばかり見ずに先のことを考えることが必要なのです。今はそれで心身ともになんとかなっているかもしれませんが、少し先には心身の調子を崩すというようなこともあります。

自分の将来のことを考えるのなら、サービス残業を断る勇気を持ちましょう。そして自分の意見をしっかり言える人間になることが必要です。労働基準監督署に相談するという方法もあります。

それによって、今の状態よりも改善することはあるでしょう。でももしかしたらあまり改善しないというようなこともあるかもしれませんので、それに頼りきることは出来ません。

定時に帰れるメリット

定時に帰ることによって自分の時間を手に入れることが出来ます。そしてそれはとても大切なものです。そういった時間を手に入れるためにも定時で帰れるようにするべきなのです。定時で帰れることが当然というようにしておいて、どうしてもの時は残業するというようなことが望ましいでしょう。

魅力のある会社だとしても

社長にサービス残業のことを話してみるようにしましょう。それによってどのような対応をしてくれるかを見てみることが必要です。会社や社長に対して魅力を感じているからこそ、会社を辞めたくないという自分の気持ちも伝えてみましょう。

それを理解した上で、それでもサービス残業を強いられるようであれば、その場所にはもういない方がいいかもしれません。そして転職した時には面接で、以前の会社ではこういうことがあったというように伝えてみるといいでしょう。

そうすることにより、以前の会社よりは環境の良い状態で働くことが出来るかもしれません。出来るだけ良い環境で働くためにきちんと今までの過程を説明しておくことが必要です。それが自分の将来にはとても必要なことなのです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加