> 仕事 > ITを使った集客術の鉄則!それは複数メディアに導線を作る事

ITを使った集客術の鉄則!それは複数メディアに導線を作る事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.12.11

インターネットを使った集客術の鉄則とは?ツイッター、ブログ、フェイスブック、Google+、ホームページなどの複合的な活用法を紹介します。

集客をする上で、インターネットを活用しない手はありません。今やご年配の人も含めて、インターネットは日常に欠かせないものとなっています。そんな中で集客をしようとすると、全世界に発信出来るインターネットは必須のツールです。

従来はチラシを商圏にばらまくだけしかローコストで集客をする事が出来なかったのが、インターネットによって全国各地へ一気に告知をする事が出来る様になりました。しかも殆ど費用をかけなくても告知をする事が出来るのです。

しかしながら、例えばホームページを作ったからそれで集客が出来るだろうとか、ブログを開設したからもう安心という様な事はありません。インターネットを有効に活用して、その上で集客に結びつけるまでは、意外と地道な作業が必要です。

インターネットに限らずですが、これをすれば集客が出来るという様なウルトラCを狙っていても余り効果はありません。一時的にはそれで集客に結びついても、持続性がなければ意味がありません。

ブームや短期的なテコ入れはその場限りで終わってしまいますので、例え可能性が大きいインターネットを使ったとしても、地道であるというのは最低条件であると思っておいて下さい。その上で、上手な活用方法とはどういう方法なのでしょうか?

インターネットの上手な活用方法は動線を作る事

先ず、インターネットの活用で最初にやらなければならない事はホームページを作る事。ホームページには自社の事業内容や商品サービス情報、会社概要やアクセスが書いてあり、申し込みのフォームがある訳です。

でも、これがあるだけでは中々ホームページに人が来てくれません。ここに人を集めなければアクセスが増えないので、商品やサービスを購入してくれる人もいないでしょう。

そこで、ブログを開設しましょう。ブログを定期的に更新して、ブログのアクセスを集めます。ブログはホームページよりも更新頻度が高く、動いて見えるのでアクセスを集めやすいのです。その上、投稿内容を工夫して、お客様が親しみやすい内容にするとか、写真を掲載して、実態がある会社だとお客様を安心させたり出来る良いツールです。

様々な秘話を載せたりしながら、先ずはそのブログのファンを増やしていって下さい。そして、このブログに人を集めるために、最近流行りのツイッターやフェイスブックを登録します。フェイスブックはフェイスブックページに投稿し、なるべく写真を駆使しながら、有益な情報や、親しみやすい情報を更新しましょう。

ツイッターも同じ様に更新しましょう。ツイッターの場合は、ブログを更新したと同時にツイッターにも投稿を反映出来るので、手間が減るかと思います。そして、ツイッターやフェイスブックからブログに訪問者を誘引します。ブログに集めた人を、最後にホームページへ誘引するのです。

Google+もフェイスブックと同じ様に活用しましょう。この様に、ツイッターやフェイスブック、Google+を入り口として、そこからブログにアクセスを集め、最後にホームページへ行く様にする。ホームページの申し込みを出口とする様に、一つの線を作りましょう。

そして、そこからはこまめに更新をするという事が最も重要なポイントとなります。更新し続ける事で人に見られる機会が増えます。更新し続ける事で、同じ人が何度も見てくれて印象に残り、その人の中で一つのブランドが確立する事となります。

更新する事でリピーターが親しみを感じてくれて、リピーターの確保にも繋がります。この様にインターネットをうまく活用し、更新回数に比例してファンの拡大を狙いましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加