> 仕事 > 就活生必見!企業が欲しいのはどんな人材かを考える方法

就活生必見!企業が欲しいのはどんな人材かを考える方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.05.21

最近の就職活動(就活)は、変わってきております。始まる時期をずらし、短期決戦で勝負するようになってきております。どこの時代であっても、何社も内定がもらえている人もいれば、全くもらえていない人もいます。

この違いは一体何から来るのでしょうか。一つの原因としまして考えられることは、企業がどんな人材を欲しがっているかを考えずに、活動をするからだと考えます。

企業がほしくなる人材を目指す。

最近の企業は、一昔前と比べますと、それほど将来性を重視して人材をとっておらず、まずは、ある程度できる学生に絞って取っている傾向にあります。もっと簡単にいうならば、即戦力を求める傾向にあります。

今の世の中、昔みたいに1から10まで先輩が丁寧に教えてくれる時代ではありません。企業にもそんな余裕はなく、すぐに使える人材を探しております。すなわち、今、何ができるかが重要なのです。

一方、就活生はというと、その逆で、1から教えてもらわないとできないという人が増えております。さらに、自分の都合を考え、福利厚生などを気にしている人が多いのもまた事実です。そして、仮に就職できたとしても、企業がものすごく苦労しているのが現状です。

最近の学生の傾向

最近の学生の主な傾向として、指示をされないと動くことができない人が多くいます。自分から考えて動くことをしないのです。これでは、就職活動もうまくはいきません。

就職するために

就職活動を成功させるには、企業が求めるような即戦力の人材になることが一番手っ取り早いので、まずは、そのことを意識してみて、自分を高めていくことが大事です。

そのためにはまず、自ら考え、自ら行動する力を身に着けてください。そのうえで、会社にとって自分が何をできるかを考えて就活を行ってみてください。

採用を目指して

採用されるにあたり、次の事に注意します。

・企業側が何を求めているかしっかりとリサーチする。(最近は面接でホームページのことを聞かれる場合もあるので見ておく必要があります。)
・その企業にとって自分が何をできるのかを説明できるようにしておく。
・どんな仕事でも引き受ける覚悟をつける。
・面接では自分の言葉で話せるようにする。(オリジナリティを持つ)
・他の学生に差をつけるようにお辞儀の仕方を学んでおく。
・素直な姿勢で話を聞く。(企業な素直な人材が大好きです。理由は、素直な人ほど吸収が早く、成長するからです。)

このようなことに注意して就活してみてください。

就活を始めよう

あれこれと書かせていただきましたが、一番は自信を持つことです。まずは自信を持って、書いてあることを参考にして取り組んでください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加