> 仕事 > 【出世街道まっしぐら!】必ず出世出来る男の共通点とは

【出世街道まっしぐら!】必ず出世出来る男の共通点とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.28

仕事はそこそこなのに、なぜあの人が出世するんだろう。と思った経験はありませんか?日本の社会においては、仕事が出来る=出世できるではないのが現状であったりします。

そして、出世できる人には、実は意外な共通点があったりするのです。

出世できる人の共通点とは一体何でしょうか?一番は、コミュニケーション能力に長けてるという事です。

日本の会社においては、まだ未だに縦社会で上司次第で出世できるかどうか決まるという風習があったりしますね。

上司に気に入られなければ、自分も出世できないと思って良いでしょう。そして、上司が出世しない限り、自分の出世も無いのです。

と言う事は、まずは上司の出世の為に、努力をしなければならないと言う事になります。コミュニケーション能力に長けてる人と言うのは、どこへ行っても嫌われることなどありませんし、上司を立てる事も自然と出来ます。

そして、営業などの職種の場合には、雑談から契約に結びつくなんて言うことになる事も多々あります。

上司との関係を円満に保ち、更に、色々な所でコミュニケーション能力を発揮できる人と言うのは、結果的に出世出来ると言う事になるのです。

次に出世出来る人と言うのは、信用出来る人と言う事になります。会社内においても、信用出来る人、出来ない人と言うのはいるはずです。

どんな意味での信用かといいますと、仕事はきちんと期限内に終わらせることが出来る人と言うのは、信用出来る人ですね。

この人に仕事を頼めば、絶対に期限内に終わらせてくれる。となれば、その人に仕事を頼みたくなります。仕事だけでは無く、事務的な提出物を期限内に提出出来るか。などと言うのも重要になって来ます。

提出物などは、総務や経理などに迷惑をかけたりしますので、きちんと期限を守れる人と言うのは、信用が上がり、結果的に会社内の信用が上がると言う事になるのです。

更に、出世出来る人と言うのは、自分の利益に基準を置くのではなく、会社の利益を一番に考えられる人です。

部下の事などもきちんと考えられる人と言うのは、勿論部下たちからも好かれますし、何かあった時に力になってくれるのが実は部下だったりするのです。

それを部下をないがしろにして自分の事ばかり考えてる人の場合、窮地に追い込まれた時に誰も助けてくれません。

会社の利益の為に、会社の基本概念にそって動ける人と言うのは、会社から重宝されて当然です。

自分の為に動くというのは、最初はいいかもしれませんが、いつか必ず化けの皮がはがれる時が来ます。

こうして出世出来る人のタイプを上げていくと、基本的に外交的なタイプの人が出世出来る人と言う事になります。

仕事が出来る出来ないよりも、そのような人格的な部分の方が大きいのが日本の社会における意外な出世する人のタイプの共通点だったりするのです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加