> 仕事 > 新しい職場での気疲れが少しでも早く無くなる方法とは?

新しい職場での気疲れが少しでも早く無くなる方法とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.12.01

新しい職場での気疲れは大変なものです

転職や配置転換などによって職場が変わる場合には、暫くは気疲れが続くのが普通だと思います。慣れるまでの我慢だとわかっていても、帰宅した後に如実にくる疲れにヘトヘトだという人もいらっしゃるでしょう。

せめて、慣れるまでの気疲れを最小限に抑えるのがよいのですが、いつかは慣れると思ってただ耐えるだけという人も多いのではないのでしょうか?しかし、慣れる前に自分の限界が来ないとも限りませんので、気疲れをなるべく抑える方法は覚えておいて損はありません。

転職でまったく今までと畑違いの仕事を選んだ人は、仕事の内容や手順といった事から会社のルール、人間関係などといったように、覚える事に四方八方から攻撃をされているような感覚になったりもするかもしれません。

自分の中の容量をバランスよく使いましょう

なるべく今後に大きく関わるヘマをしないようにとか、早く仕事を覚えたいといった焦りや、いい人間関係を築きたいといった希望も相まって普段とは違った自分を演出する場合も多いでしょう。大きなヘマをしないというのは、これだけはやってはいけないと教わった事を注意深くしていればそれだけ可能性は低くなります。

早く仕事を覚えたいという事も、メモや復習時間を上手く利用する事によって覚える迄の経過が早くなる場合もあります。まずは、ここまでに自分の中の8割ぐらいの容量を充てるようにしましょう。そして、残りの2割ぐらいを人間関係に向けたほうがバランス的によい場合が多々あります。

これは、まずは仕事を行う上での注意点をしっかり学んで自分のものにしておかなければ、いくら人間関係が良好になったとしても仕事を任せられないという事態にもなりかねないからです。そうなってしまいますと、仕事を続けられなくなるといった本末転倒な結果にもなりかねません。

早く仕事を覚える為には、研修の際に大事な事をメモにとって聞いて書いて理解するというようにしましょう。どうしてもその場では理解が困難で、休憩時間などを利用してメモや資料を確認してもよくわからないといった場合には、研修担当者の手が空いている時に質問をするようにしましょう。

初めの頃は人間関係は2割の容量でいい?

人間関係についてですが、ここにいきなり5割以上の力を割いてしまいますと、肝心の仕事を覚えるという事が容量不足で中途半端になる可能性がありますので、挨拶は社会人として当たり前ですのできちんと行い、周りの人の名前を覚えるという事に1割ぐらいの力を使いましょう。

残りの1割ぐらいで、言動や行動が目立つという人を軽くチェックするぐらいがよいでしょう。これで人間関係が2割ぐらいで済むと思います。仕事を覚え始めた頃に、それで空いた容量の部分を人間関係に充てたほうがバランス的にもよいですし、慣れるまでの気疲れを少しでも抑える事ができるでしょう。

まさに今が仕事や会社に慣れる迄のそんな時期だという人にはもちろん大切な事ですが、研修担当者の人などもアドバイスとして持っておいたほうがよいかもしれませんね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加