> 仕事 > 社会人になったら、まず「信用」の獲得を一番の目的とせよ!

社会人になったら、まず「信用」の獲得を一番の目的とせよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.09.12

自分はなんのために働いているのだろう

「ああ、全然やる気が起きないけど、ま、首にならない程度に仕事しなくちゃなあ」
「仕事、つまんないし、上司も同僚もいやな奴だし、つまんないなあ」
「ええと、今度の新入社員の女の子、可愛いなあ。ツバ付けちゃおうかなあ、ええ?仕事?そんなもん適当にこなしとけばいいさ」

なんて感じで毎日過ごしているヒト、結構いるんじゃないですかあ?仕事に身が入ってないって?だけどさ、やる気も出ないし、仕事つまんないし、なんだか先が見えちゃっているし、いや逆に、何をどう頑張ればいいのかわかんないし、なんてね。で、今日は、じゃあ一体全体、皆、何を目的に会社勤めや仕事に励んだらいいのか、を教えて差し上げましょう。

いい仕事人生を送りたいなら「信用」を育てろ!

よく、「仕事にやりがい」とか言いますよね。逆に、「仕事にやりがいを求めるなんて贅沢。仕事とは、いやなことでもやって金を稼ぐことなんだからやりがいなんて求めてはいけない」なんて意見を言うヒトもいますよね。どっちが本当なんでしょうか?

いや、どっちも正しくないかもしれません。筆者が長年社会人をやってきて、成功したヒト、くすぶっているヒト、そして、失敗してドロップアウトしたヒトたちなど、さんざんいろいろなヒトたちを見てきて、ヒトの仕事上の成否は、ある一点、それを目指して行動したかしないか、で大きく分かれる!という結論に至ったのです。

成功したければ、そして生き生きと仕事に打ち込める人生を送りたいなら、この一点を意識して行動すべきである、と断言してしまいましょう!それはね、「信用」この一点。この一点を絶対に意識すべきなんです。

「信用」の獲得を目指す意識がなければ、世の中は渡っていけない

さっきも言いましたが、世の中には、仕事に関してはいろいろな考え、意見のヒトがいます。「出世とか会社の階級を上げることが第一」というヒト、「お金がすべて、なるべく多くの給料とか金を稼ぐこと」「この技術を後世にまで伝えること」とか「自己実現」ということが目的、とか、まあいろいろあります。

しかし、それよりもなによりも、実社会で成功するのに絶対獲得しなければならないのは「信用」なのです。はっきり言って、これを獲得しなければ実社会ではクズ扱いされ、ロクな目に遭わないのです。

こいつは金儲けになるな、と相手に思わせるのが「信用」

「信用ならあるよ。俺生まれつき嘘と蜂の頭が大嫌いな性分だし、同僚や友達からも好かれてるし」とか言うヒトもいるかもしれません。しかし、実社会に出てからの「信用」というのは、そんなにセンチメンタルな甘いものではないのです。

仕事とか実社会で言う「信用」とは、「こいつと付き合うと儲かるな、と相手が信じること」もうひとつは、「こいつと付き合うと損はしないな、と相手が信じること」この二つに尽きるのです。

あなたは、職場で、そう意識したことありますか?もっと身も蓋もなく言ってしまえば、「あなたが金を運んでくれることを期待しているヒトに運んであげること」で、また、「運んできてくれるだろうなあ」という期待に応えること。これしかない。これだけ。これを実社会では「信用」というのです。

そのほかには、何もありません。あなたがいくらカラオケがうまかろうが、冗談が面白かろうが、さわやかないい奴であろうが、もしあなたが彼らに「金を持ってくることができなければ」誰もあなたを信用しないのです。

つまり、「頼んだほうの利益」をもたらすかもたらさないか、付き合って損しない人間か。「信用」の判断基準はそれしかありません。そして、より多くの期待に応えられるだろうと「信用」されたヒトは出世をしたり、金儲けができるし、そうでないヒトは信用が得られませんから、薄給のままで、ひどい時には解雇され職を失う、ということになるのです。

だからヒトは毎日、自分の信用を獲得するために仕事をするのです。皆さん、この意識持って仕事していますか?

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加