> 仕事 > 円滑な人間関係は、個性よりもわかりやすさが鍵

円滑な人間関係は、個性よりもわかりやすさが鍵

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.06.04

人間関係に関する悩み

常識、礼儀、タテマエ、上下関係など、独特の文化の根付く我が国日本は、今の若者にとっては、少し生き辛い国でもあるかもしれません。

とは言え、日本人に生まれ、そして日本の社会で生きて行く以上は、それを理解し、そして自分もまたその一部となる必要があります。

今の若者世代は、とにかく冒頭の様な日本の堅苦しい形式を嫌う、言わばゆとり世代です。それだけに、様々な年代の人と関係を築かなければならない社会においての人間関係には、さぞ苦労されてしまう事でしょう。

早く社会モードに切り替わるべき

学生時代は、実力を磨かなくとも、頭の回転の早さ一つで、何かとすり抜けて来れてしまったのがこの世代です。学校と言う組織自体もまた、国の教育方針上そんな風潮にあるため、それでも十分にやって来れているのです。

ですが、1986年あたり以降の年代、つまり、ちょうど今の若者の上司に当たる人間には、それは通じません。”自分のやり方”を押し通すのでは無く、いち早く”社会モード”を身につけるべきなのです。

上司に認めてもらうには

上の人に認められて、始めて自分の価値が高まります。それが社会、会社と言う、組織です。では、一体どうすれば良いのでしょうか。

重要なのは、分かりやすさです。人は大人になればなるほど、より知恵が身に付き、言葉を知り、会話の奥深くまでを読み通す力を身につけます。

逆にそのせいで、若い自分が何の悪気もなく話した事が、上司には悪意として受け取られてしまう…と言ったケースも十分にあり得てしまいます。

社会モードにちゃんと切り替えられず、就職しても尚、適当な会話でその場を切り抜ける事だけを考えていては、これによって何度も信頼を失ってしまう事でしょう。

若手の頃だけならまだしも、これが長引くと、後の昇進、さらには会社に居続ける事さえも、危ぶまれてしまいます。

つまらない話し方でも、とにかく分かりやすさを

そこで、円滑な人間関係を若手の頃から地道に積み上げて行きたいと考えているなら、”分かりやすい会話”を心掛ける事が重要なのです。

変な深読みの必要も無い様、的確に用件や意思、想いを伝えられる様に、丁寧に分かりやすく、ストレートに話をしましょう。

もちろん、ストレート過ぎてもいけないのが日本の社会の常識、タテマエな訳ですが、気持ちの面でストレートにある事に、越した事は無いのです。

つまらない話しか出来なくてもかまいません。会話が盛り上がらなくてもかまいません。まずは、ちゃんと社会に適応した、正しい分かりやすい会話を心掛けましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加