> 仕事 > 鏡の前で30秒チェック!出社前のスーツスタイルはきまっていますか?

鏡の前で30秒チェック!出社前のスーツスタイルはきまっていますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.03.25

スーツはビジネスパーソンであるあなたの第一印象を左右する大事な要素の一つといえます。とはいえ、毎日スーツを着ているとビジネスツールというイメージが無くなってくるのか、だらしのない着方をするようになる人がたくさんいます。

あるアンケートではビジネススーツでのマイナスポイントとして「着方がだらしない」「汚れがある」「派手すぎる」という3点が上位にきました。ここではどんなビジネスシーンにも対応できるスーツスタイルの基本について紹介していきます。

スーツ選びの3つのポイント

スーツを選ぶときのポイントは3つあります。1つは色・柄です。外回りの営業マンや接客の際にスーツを着るような職種の人は控え目の色や柄を選択しましょう。ストライプなどもあまり派手なものにしない方が良いでしょう。

2つ目は素材です。ビジネスツールとしてスーツを使うのであればシワや型崩れがおきにくい形状記憶素材のスーツや夏場は通気性の良いものがおすすめです。

シワが入っていたり、型崩れを起こしているスーツは着ていることによってあなたのイメージを損なう恐れがあるので、素材にはこだわった方が良いでしょう。形状記憶スーツなどは量販店で手ごろな価格で買えるので1着あると便利です。

3つ目はデザインです。デザインはシングルのスーツが現在の主流です。ダブルのスーツは周囲から浮いてしまう可能性が高いのでやめたほうが無難です。

出社前に上から下までをチェック

出社前にはネクタイ・シャツ・ジャケット・袖口・パンツ・靴下・靴の7つをしっかりチェックするようにしましょう。ネクタイの結び目は曲がっていませんか?シャツに袖や襟が汚れていたりシワになっていませんか?

ジャケットにシミ・シワがあったり、ポケットにモノが詰りすぎていませんか?袖口のボタンが取れていたり、汚れていませんか?パンツに折り目は入っていますか?靴の色にあった靴下を履いていますか?靴は磨いてありますか?出かける前に先に挙げた点をしっかりとチェックしてみてください。

高いブランドスーツを着なくても、シワや汚れがなくて、折り目が入ったスーツを着ていれば充分なビジネスツールになります。鏡で全身を見て、自分のスーツがきちんとしたビジネスツールになっていることを確認してから出社する習慣が身につけば、あなたの魅力やビジネススキルもアップするはずです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加