> 仕事 > 仕事中や会議中にくる睡魔を簡単に撃退する7つの方法!

仕事中や会議中にくる睡魔を簡単に撃退する7つの方法!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.05.14

仕事中や会議中に突然襲いかかってくる睡魔。居眠りしそうになって必至にこらえた経験、あるのではないでしょうか?「そんな、突然やってくる睡魔を抑えることができれば……」と思った事のある人も多いでしょう。

なるべく、多くの睡眠を取っておけば防げるかもしれませんが、忙しい時期は夜遅くまで残業してしまったりと思った様に睡眠が取れないかもしれません。そこで、一時的ではありますが、簡単に睡魔を撃退する方法を7つ紹介します。

1.軽く運動やストレッチをする

どうしても眠くなってしまうのは、同じ姿勢で同じ作業をしている時です。特に単純なデスクワークの時に多いのではないでしょうか。ちょっと眠くなってきたな」と思ったら、気分転換もかねて少し外に出てみたり、ストレッチをしてみましょう。

「出かけたり、運動したりするのはちょっと……」という場合は、トイレに行くふりをして、非常階段や屋上、喫煙室などで軽めのストレッチをするだけでも眠気を抑えることが出来ます。長時間頭を使ったら、少し身体を動かすようにしましょう。

2.少し歩いてみる

運動やストレッチと同じように、少し歩いて身体を動かすと手軽に睡魔を撃退できます。外に出ることができなくても、廊下を歩いたり、少し遠いトイレに行くなどするだけでも違います。ランチなど、昼休みに外に出ると言う場合も少し遠い飲食店やコンビニに行くようにして、歩いてみるといいでしょう。

3.頭皮をマッサージする

席を立つことが出来ない場合は、頭皮をマッサージしましょう。指先で頭皮をグッと抑えるだけでも効果があります。頭皮を刺激することで、眠くなってしまった脳に刺激を与えます。それだけで、だいぶ頭はスッキリするので席を立てない場合は頭皮のマッサージを試してみて下さい。

4.姿勢を正す

会議中など、立ち上がったり、頭皮をマッサージできない場合は姿勢を正すだけでも一時的に睡魔に対処することが出来ます。姿勢を正すだけでも背筋が伸びるので、「イスに長時間座ったまま」という場合に効果的でしょう。眠くなってきたら、すかさず姿勢を正すようにしてみるといいでしょう。

5.ノートの端に落書きする

ずっと同じ姿勢をしていると身体が疲れてくるように、ずっと同じ作業をしていると脳も疲れてきます。特に、長時間の会議などでは脳に疲労が蓄積して眠くなってきます。うとうとしそうになってきたら、ノートの端に落書きをして、脳の使っていなかった部分を刺激しましょう。

絵を描かなくても、会議とは関係の無い頭に思いついた単語をノートの端に書いてみたりするといいでしょう。絵を描いているよりも、単語の方がメモを取っているように見えるので効果的かもしれません。

6.カフェインを摂取する

オーソドックスな眠気解消法ですが、カフェインを摂取するのは効果的です。コーヒーでも良いですが、紅茶や緑茶にもカフェインが含まれているのでコーヒーが苦手な人はお茶を飲んでみるのもいいでしょう。

また、最近ではエナジードリンクの種類も豊富になってきています。エナジードリンクにはカフェインが含まれていますし、炭酸の刺激は脳を覚醒させたり、スッキリとさせるのでエナジードリンクを飲むのも効果的です。ただし、カフェインの取り過ぎには気をつけて下さい。

7.ミント系のガムを噛んだり香りを嗅ぐ

眠気覚ましにミント系のガムを噛むという人も多いのではないでしょうか。ガムを噛むと脳が刺激されますし、ミントの香りもスッキリとするので眠気覚ましには効果的です。ガムが手元に無い場合でも、ミントの香りを嗅ぐだけでも効果があります。

突然やってくる睡魔に対処しよう

残業が続いてしまったりして、睡眠時間が削られてしまったら日中、どうしても眠くなってきます。長時間のデスクワークや会議などでは、特に眠くなってしまうと言う人も多いでしょう。そんな時は、今回紹介した睡魔を撃退する7つの方法を試してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加