> 仕事 > 新社会人へのアドバイス。いつも輝いている人が持っている条件とは

新社会人へのアドバイス。いつも輝いている人が持っている条件とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.08.18

今年も選挙がありました。毎年の様に選挙が行われていますが、なかなか生活が良くならないと感じるのは何故でしょう。戦後の高度経済成長にオイルショック、そしてバブル、現在はそのバブルが弾けて早20年……。幾度の波に揉まれてきた日本ですが、今は暗い時代が長く続いています。この社会を再び高い波に押し上げるのは若者しかありません!

せっかく生まれてきたのだから、あなたも輝いてみませんか。輝いていると言っても、どこから輝いたら良いのか難しいかもしれません。もし、目標も無く、何となしに学生生活を送り社会に出たのであれば特にそう思うでしょう。

職種は問いません。パートだって正社員だって同じです。輝いている人の条件として、「輝いている人は仕事の内容に関係無く、仕事に対する考え方が違う」という事です。あなたの考え方一つで仕事は輝くのです!

その為には、あなたが「何の為に」働いているのか?まずは自分に問うてみる事です。コンビニで働いている青年、ガソリンスタンドのバイトスタッフ、ティッシュを配っているお姉さん……。決して世間で言うスポットの当たる様な仕事では無くても、「この人は生き生きとしてるなぁ」と関心してしまう経験は誰もがあるかと思います。

その方達は、きっと「何の為に」働いているという意識をしっかりと持って働けているから、周りの人よりも輝いて見えるのでしょう。その逆に、時給が高いはずである深夜のコンビニ店員やファミレス店員の「あまりにもやる気の無い態度」にムカッと来た事がある方も多いのでは?

結局、賃金の高さがやる気の高さとイコールの関係では無いという事を如実に表しているのでしょう。例えば筆者の仕事は文章を書く事の他に「絵を描く」事も仕事なのですが、師匠の許しを得てデビューした頃は、時給に換算すると「100円にも満たない」賃金でした……。

しかし、筆者を始め他の仲間達も、本気でこの業界で生き残っていきたいというメンバーは賃金には関係無く生き生きと描きました。結果として、個展のチャンスを与えて戴いたり、新聞で特集を組まれたり、後から色々な物が付いてきました。

あなたが輝けば周りが変わります。周りが変われば会社も地域も変わっていきます。何よりあなた自身が、少し前よりも大きく大きく成長しているはずです。まずは自分自身が何の為に働くのか問い直してみる事が、大きく成長していく一歩目となるでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加