> 仕事 > 締め切りを守れない人でもたった1つの心構えで「守れる人」へ

締め切りを守れない人でもたった1つの心構えで「守れる人」へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012.11.15

全ての仕事に締め切りを持とう

あなたは、締め切りをきっちり守るタイプですか?ビジネスの現場で絶対に守らなければいけない締め切り。書類が一日遅れてしまって、プロジェクトが「ふい」になってしまった。

泣いて頼んでも、こればかりはどうしようもありません。ビジネスの場では、締め切りは必ず守らなければいけません。そこで、締め切りを必ず守るたった1つの方法があります。それは、「締め切りを守るために締め切りを作る事」です。

締め切りを守るために締め切りを作ろう

「締め切りを守るために締め切りを作る」と考えたら、なんだか禅問答のようですが、これは非常に効果的です。自分の中に、本来の締め切りよりも前倒しの締め切り日を設定します。

小説家や作家は本来の締め切りよりも早めに、締め切り日を知らされる場合が多いそうです。編集者は、雑誌や書籍をかならず発行するのが仕事です。その為にも本来の締め切りよりも早めに締め切りを伝えるます。つまり、強制的に納期を守らせるというわけです。

あなたのスケジュール帳にも本来の締め切りよりも3日ほど早く書いておけば、締め切りを破ってしまうと言うことは絶対にありません。

最初は、本来の締め切りがあるからと、スケジュール帳に書いた前倒しの締め切りすら守れないと言うことがあるかもしれません。ですが、前倒しにした締め切りに合わせて動くことができるようになるはずです。

締め切りの前倒しは心理的な余裕が生まれる!

締め切りを前倒しにしておいたら、急遽発生したトラブルにも対処することが出来ます。それは、心理的余裕が生まれるからです。

締め切りギリギリで進める仕事というのは、緊張感がありますが、細部まで気が回らず、クオリティが低くなりがちです。それを回避する為にも心理的な余裕を持つように締め切りは前倒しで設定してみましょう。

「締め切りを守るために締め切りを作る」というシンプルな思考ですが、プロの編集者も使っている、ちょっとしたテクニックです。

締め切りなどの期限を破りがちだという人は、ぜひ試してみて下さい。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加