> 仕事 > 仕事が楽しく無くなったら。あなたは会社を辞めますか?

仕事が楽しく無くなったら。あなたは会社を辞めますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.04.04

やり甲斐が有った筈の仕事が楽しく無くなったら、あなたは会社を辞めますか?それとも残って働きますか?そんな時に考えるべき事を紹介します。

やり甲斐が有ったはずなのに

やり甲斐が有った仕事なのに、いつしかやらなければならない事として追われていしまっている。そんな状況にいらっしゃる人は多いのではないでしょうか?

使命感や志を持ってやっている仕事は、何かに引っ張られるかの様に情熱を燃やして励む事が出来るでしょう。

しかし、そういったものが無く、単に仕事をしなければならない事だと捉えている場合は、気づいた頃にはやり甲斐が無くなっているものです。

辞めるべきか?残るべきか?

そんな時に浮上する考えが、もうその仕事を辞めるべきか、それとも残るべきか。いつまでもやり甲斐の無い仕事をしていても時間の無駄だと思って辞めるのか、それとも今有る仕事が、例えやり甲斐が無かったとしても感謝をしてやり甲斐を探しながら続けるのか、迷いどころなのではないでしょうか?

辞めた場合と残った場合のバランスを考え、それぞれの場合に自分がどの様な感情になっているのかを想像しながら、日々過ごすのでは無いでしょうか?

しかし、そのような事を考えている時点で良い仕事は出来ません。迷った時点で今の仕事に満足出来ていない訳ですから、やりたい事を追求するべきでは無いでしょうか?

「でも、今の仕事は生活のためにやらざるを得ないんです。」という事が迷っている理由なので有れば、本当に自分がやりたい事ややるべき事が、しなければならない事にすり替わっているのです。仕事を辞めるか残るかを考える前に、目的地を設定しましょう。

目的地を設定出来ているか?

仕事を辞めようか迷った時に、ただ単に今の仕事にやり甲斐が無いという理由だけで辞めてしまうと、後から後悔する事となってしまいます。ちゃんと、今の仕事を辞めた後の事を考えられているかどうかはとても大切です。

転職先が決まっているのか、それとも独立してやりたい事をやるのか、それとも資格取得を本気で目指すのかなど、例えどんな事でも良いので、自分の中で目的が決まっていて、そのために退職そいう選択肢が有るんだという事が重要なのです。

退職が目的になってしまうと、退職した瞬間に目的が達成された事になります。そして、その後にどうするのかと右往左往とした考えを持っておかなくてはならなくなります。

ちゃんと、退職した後に自分がやりたい事を定め、もしもそれを在職のまま出来るので有れば、なるべく在職のまま行い、退職が必要になったら辞めるというプロセスが重要なのです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加