> 仕事 > 朝の30分あることをするだけで、一日の仕事の質は大きく向上する

朝の30分あることをするだけで、一日の仕事の質は大きく向上する

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.05.20

朝の30分「ある事」をするだけで、一日の仕事の質は向上します。「たった30分でそんな訳はないだろう」と思うかもしれませんが、やるのとやらないのでは、大きく違ってきます。もし、一日の仕事の質を向上させたいのなら、いつもより30分早起きして、ある5つの事を実践してみましょう。

1.ニュースをチェックする(10分)

朝一番にその日のトップニュースを10分でチェックしましょう。新聞なら見出しだけでもいいから追いかけましょう。新聞意外にもネットのニュースサイトを見るのもいいでしょう。

何か気になるニュースがあったら、あとから読むために切り抜いたり、ネットならブックマークに保存したりしておきましょう。とりあえずは、10分でニュースを大体チェックして旬な話題をインプットします。

2.メールをチェックする(5分)

前日に来ていた分のメールをチェックします。これも5分程でできるので、すぐに処理してしまいましょう。会社に出社してからメールをチェックするのでは、対応が遅れてしまい、仕事でいいスタートが切れないかもしれません。

重要だと感じたり、あとでもう一度読み返したいというメールであれば、保存したり重要なフォルダに分けてしまいましょう。

3.スケジュールを確認する(5分)

手帳やクラウドのカレンダーサービスなどでスケジュールをチェックします。「一日のスケジュールくらい覚えている」という人でも、もう一度確認しましょう。

もしかすると、記入漏れや「やること」が頭から抜けているかもしれません。こちらも会社に行く前に確認してしまった方が、出社した瞬間に仕事に向かうことが出来ます。

4.やる事を書き出す(5分)

一日の「やる事」を自宅で書き出してしまいます。スケジュールに書いてあるかもしれませんが、頭の中を整理するつもりで、もう一度「やる事」を書き出してみましょう。「やる事」を書き出したリストがあると仕事がスムーズに進みます。

5.目を閉じて深呼吸をする(5分)

朝の忙しい時間に心をおちつけてリラックスをしましょう。バタバタと慌ただしくしていたら、心身ともに朝から疲れてしまいます。目を閉じて、静かに深呼吸をしましょう。この時、自分の呼吸音だけを聞くように集中すれば気分はグッと落ち着きます。

朝の30分を大事にしましょう

朝の30分を大事にすれば、一日の生産性は向上します。その30分は誰にも邪魔されることの無い自分だけの時間です。朝から、そんな自分だけの時間が手に入るとしたら、早起きする価値があるとは思いませんか?30分で5つのことをやるだけで、一日の生産性は上がります。明日から、早起きしてやってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加