> 仕事 > 仕事も恋愛も「喜怒哀楽」の感情で考えれば失敗せずに上手くいく!

仕事も恋愛も「喜怒哀楽」の感情で考えれば失敗せずに上手くいく!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012.10.29

「喜怒哀楽」で考えたら上手くいく

人間には「喜び、怒り、哀しみ、楽しみ」といった当たり前の感情があります。この感情をうまくビジネスや恋愛に使っていくのが、あらゆる分野で成功する秘訣です。

「喜怒哀楽」をよく考えて仕事をしたり、女性と接することで仕事や恋愛は上手く進んでいきます。

「喜怒哀楽」の側面を考える

「お前は物の見方が一方的すぎる。もっと他の視点で考えなさい」「あなたは、人の気持ちが分からないの?」などと、上司や恋人に言われたことはないでしょうか?

多角的な視点を持ったり、人の気持ちを読み取るとこは簡単な事ではありません。ですが、「喜怒哀楽」の感情を加えて考えてみると、物事は多角的に見え、そして人の気持ちが分かるようになってきます。

例えば、新しい女性向けの癒やしグッズの企画立案をあなたが任されたとしましょう。この時、物事を一方的な視点で見ていると、なかなかアイデアは出てきませんし、浮かんでくるアイデアは、どれも似たような物ばかりになります。

そこで、癒やしグッズに「喜び、怒り、哀しみ、楽しみ」の視点で考えてみましょう。

その商品を使って「喜ぶタイミングは?」「どんな機能が使用者に不満を生んでしまうか?」「つらいことがあった時に使いたくなるか?」「楽しんで使うことが出来るか?」などの視点を持って考えれば、より多角的な視点でアイデアを出すことができます。

恋愛においても、恋人が「喜ぶ」「怒る」「哀しむ」「楽しむ」ことは、どういうことだろう?と一度考えてみると、「あなたは人の気持ちがわからない」と言われることは少なくなるでしょう。

ひとつの物事にも「喜怒哀楽」の視点で見てみると解決策が出てきます。

人の感情に訴えるには「喜怒哀楽」が効果的?

人の感情に訴えるには「喜怒哀楽」を使うのが、最も効果的です。人間の代表的な4つの感情を上手く使えば、ビジネスでも、恋愛でも、スムーズに交渉が出来たりします。

「思わぬサプライズが嬉しかった」
「その行動にはムカッと来た」
「この映画はすごく悲しくなる」
「あなたと一緒にいると楽しい」

どれも、単純ですが心に響くワードではありませんか?人の感情に上手く訴えようと思ったら、「喜怒哀楽」を使うのが最も効果的です。

ビジネスや恋愛では、時に多角的な視点を持つことが重要です。物事を1つの方向から見てしまいがちな方は、今日から「喜怒哀楽」を加えつつ考えてみると、仕事も恋人との関係も上手くいくかもしれません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加