> 仕事 > 仕事のことで労働基準局に相談に行く前にやるべきこと

仕事のことで労働基準局に相談に行く前にやるべきこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.08.27

残業代の未払いからはじまりました

私の体験談ですが、前の職場を解雇された際に残業代が未払いのままでした。もちろんサービス残業なんてものは違法の何物でもありません。残業代をもらう事は当然の権利なのです。泣き寝入りする必要はないのです。このような場合は、労働基準局が力になってくれます。

ただし、労働基準局というのはあくまでも法の番人なのです。犯罪を取り締まるのは警察であるという事は誰もが知っている事ですが、違法労働等をさせている会社を取り締まる警察は労働基準局なのです。場合によっては経営者を逮捕する権限もあるらしいです。

しかし、ただ単に労働基準局に行くだけでは、何の解決にもなりません。こちらも証拠固めをする必要があるのです。タイトルには労働基準局に行く前とありましたが、一度労働基準局に行き、色々話をしてからこれらの準備にかかっても大丈夫ですが、前もって準備が出来ていればスムーズに進むと思われます。

準備するもの

絶対に必要なものはあなたの今までの給料明細です。とにかくかき集めましょう。訴えを起こすその時から2年以内の物を集めて下さい。2年以上前の物は無効になってしまいますので、そこは承知しておいて下さい。

それから、手に入れられればの話ですが、過去2年間の出退場を記録したタイムカードがあるとかなり強いです。これは証拠になりますからね。もちろんコピーでも良いです。

会社によっては、残業の証拠を残さないようにタイムカードを定時で押させているとんでもない会社もありますので、なかなか大変な作業かも知れませんが、会社の出退場の記録は個々にメモしておくと良いと思います。

労働基準局に一度相談に行くと、恐らくはこれらの物を「準備出来る限り準備して下さい」と言われると思います。これらを準備する事はかなり大変な作業ですが、法の番人である労働基準局は証拠なしには動けないので、こちらも出来る限り協力をしましょう。すなわち全てを労働基準局任せにするのではなく、協力する事が大切なのです。

最終的どのような結果になるのか

そこから残業代を計算したり、その計算した金額を会社に請求したりする作業を行い、その上で会社側が素直に払ってくれればそこで終了となります。しかし、会社によっては頑固に支払を拒否する場合もありますので、そのような場合は労働基準局の人が交渉してくれます。もし、出来るようであれば、監督官の中でも押しの強い人に行ってもらうと良いでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加