> 仕事 > 間違うと恐ろしい結果にも!仕事の悩みや相談は相手を選ぶべし!

間違うと恐ろしい結果にも!仕事の悩みや相談は相手を選ぶべし!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.07.04

仕事で壁にぶち当たったら相談する人は選びましょう

仕事も長く続けている間には、人間関係ではなく仕事としてどうしても大きな壁にぶち当たってしまうという事があります。

そのような、どうしても自分一人では解決の糸口が見えてこないという時には、誰に相談するかによって事態が大きく変わってくる場合があります。事態が好転するか、もっと暗転するかはアドバイスを受ける相手に左右される事も多いですので、しっかりと相談する相手は選びましょう。

このような性格の人に相談したら最悪です

まず、仕事上の悩みというのをまったく仕事と関係ない人にしても、それは大変だねとかあんまり根つめて体を壊さないようにとか、当たり障りのない事を言ったり状況を聞いて観念的な事しか言えないのが普通です。しかし、ここで貴方はまったく悪くはないとか、悪いのはコレだ!と断言するような人がいて、それを鵜呑みにしたら大変な結果になる場合も多いのです。

大体において、一方通行の情報に対して物事を決めつけるという人は自分勝手な傾向がありますので、アドバイスが的外れというよりもその助言に従った結果、仕事そのものを失うという事にも繋がり兼ねませんので要注意です。

仕事の悩みは職場での解決が一番ですが注意もあります

では、いったい誰に相談するのがよいかというと、やはり仕事の事は同じ職場の人に相談するというほうがよいでしょう。しかし、同じ職場といっても誰でもいいという訳ではありませんので、その辺はしっかりと見極めないといけません。

まず、当たり前ですが仕事のできない人に仕事の相談をしてもいいアドバイスを頂ける事はあまりありません。それが的確にわかっていれば、その人はもっと仕事ができているはずだからです。

じゃあ仕事ができる人に聞こうと思うかもしれませんが、教え上手な人とそうでない人がいますので、ただ仕事ができるからといって的確なアドバイスができるかどうかはまた別問題といえます。なので、上司に相談したとしても自分にとっていいアドバイスが貰えるとは限らないのです。しかし、礼儀や人間関係を壊さない為にも、まずは上司に相談するというのはよいでしょう。

自分の仕事もバリバリこなしながらも、他人への気遣いも充分にあるという人だといいアドバイスを貰える事がありますので、上司がダメな場合は、次はそういった人に相談してみましょう。

自分の為が人の為、会社の為になる場合がある

いい会社というのは、仕事上でぶつかる壁というものに対処できる方法が蓄積されています。先輩や上司が知らないといった場合にも、社内には誰か対処法を知っている人がいる事が多いはずです。

もしも、まだ新しい会社でそういった蓄積がまだ少ないといった場合には、会社全体の問題として提議して全員で取り組み、その結果を次の人の為に残しておくという事が必要になります。自分だけで解決したとしても、その過程を他人の為に残しておくという事は、人助けまたは会社を助けるという結果にもなりますので、いずれは回りまわって自分にとってもいい結果になるでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加