> 仕事 > 仕事でのトラブルを解決することが苦手。解決出来る能力を持ちたい

仕事でのトラブルを解決することが苦手。解決出来る能力を持ちたい

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.08.11

トラブルはいつ起こるか分かりません

トラブルのことばかり考えて仕事を気持ち良く出来ないということは良いことではありません。問題というのはいつ起こるか分からないものです。それを常に恐れていると、本来の自分らしくいられないことになります。

もっと自分らしくいるためには、肩の力を抜いてみましょう。少しくらいのことでは大丈夫と自分に言い聞かせてみるのもいいことです。自分というものを信じることが大切なのです。

トラブルが起きた時には

慌てず焦らずということがまずは大切です。慌てなくてはいけないこともあるかもしれませんが、行動は慌てたとしても心は落ち着くことが必要です。心まで慌ててしまっては良い方向に進まなくなってしまいます。

トラブルが起きた時には、まずは一度深呼吸をしてからどのような問題なのかということを把握するようにしましょう。そして解決策について考えるようにすることが必要なのです。

でも一人で解決しようというようにいつも思うことにより、辛くなることがあります。人に頼りすぎてもいけませんが、人が集まることにより、色々な案が出てくることもあります。それによってトラブルが解決しやすくなることもあるのです。

トラブルを解決したくて自分の意見を尊重することも必要ですが、人の意見をよく聞いてみるということも必要です。人によって考えは様々なので、その考え方を参考にしてみるというのも自分の成長に繋がります。

自分が起こしたトラブルだとしても

自分が起こしてしまった問題の場合に、人に頼ってばかりいるというのは、人から呆れられてしまうことになるかもしれません。例えば人が起こしたトラブルに対して精一杯対策を考えてあげるということをすれば、自分が起こしたトラブルに対しても人が助けてくれるかもしれません。

自分だけが助けてもらうというような考えを持っていても、放置されたり無視されたりすることもあるのです。そのようになるとどんどん会社での人間関係が悪くなってしまいます。会社での人間関係を良くするためには、皆で助け合うというような考え方が必要なのです。そしてどんな時でも皆で協力して頑張って行こうというような環境が望ましいです。

良い環境を作るためには

率先して自分が動くということが必要かもしれません。自分の起こした問題を隠すというようなタイプの人もいるかもしれませんが、そのことにより同じような間違いを起こす人が出てくるかもしれません。

そうならないようにするためにトラブルを起こしたらきちんと皆で向き合うという姿勢を皆が持つ必要があるのです。そのような環境になるように自分が率先して動くようにすると良いかもしれません。

人は皆自分が可愛いということがありますので、ミスを隠したいという考えがあるかもしれません。自分自身もそのような考えを持っていることもあるでしょう。でもそのような考えは結果として自分のためにはなりません。

問題を解決出来る人間になるためには、トラブルに強くなる人間になる必要があります。トラブルに強くなるためには、問題から逃げたり隠れたりすることをしてはいけないのです。

トラブルが起きてもそれを一つの経験として受け止める必要があります。才能というようなものは必要ありません。逃げずに立ち向かうことです。そうすることにより、段々とトラブルに強い自分になることが出来るはずです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加