> 仕事 > あなたが仕事でいつも失敗するのは理由がある?確認したい3つの理由

あなたが仕事でいつも失敗するのは理由がある?確認したい3つの理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.11.16

あなたは自分のことを「運の悪い男」だと思っていませんか?それほど能力は変わらないように思っていた同期が順調に仕事をこなし評価されている様子を横目に、あなたはいつまでも下っ端の仕事でも失敗してばかり。ちょっとした運の違いの積み重ねでこうなってしまったんだ、なんて思いたくもなりますよね。

しかし本当にそうでしょうか?と、私から問いかけるまでもなくそれは「ただの言い訳だ」というのは気がついていますよね。そうです。あなたとその同期は違います。あなたはおそらく失敗してしまう癖を身につけてしまっているのです。そんな癖ははやく気がついて直してしまいましょう!ここでは仕事の失敗に通じる代表的な癖・性格を3つあげてみます。

突発的な仕事に慌ててしまう

いつもやっているルーチンワークなら失敗することはないのですが、顧客から急に提案されたことであったり、上司から急にふられた仕事だと高確率でうまくいかないのではないでしょうか。急な仕事でも、初めての仕事でも、冷静にこなすことができればそこそこの結果を残すことは可能なはずです。いつもちょっとだけ力が入りすぎているのではないでしょうか。

実際、そうやって急に頼まれる仕事こそが周りの評価の対象になります。ここ一番の場面で失敗を数多くしているようでは、なかなか運が巡ってくることはないでしょう。

人の意見に耳を傾けない

特別ではない普段の仕事でも、一人よがりなやり方をしていないでしょうか。同僚や先輩の意見に耳を傾けていますか?あなたが実現できる仕事は、基本的にはこれまであなたが経験してきたことだけです。それ以上の結果を出したいのであれば、そのレベルの経験がある人のアドバイスを受けなければならないのは当然です。

それなのに自分の能力を過信して「自分だけでもできる」と勘違いしている人は、成功の確率がグンと下がっていることに気がつくべきです。

新しく学ぶ習慣が無い

日常的な生活習慣として、まだあなたの身につけていない新しい知識・技術を身につけようとしているでしょうか。それをしていないのであれば、新しい仕事にうまく適応できる確率は高くはなりません。やはりデキる男は、いつもそれだけの準備をしているのです。

具体的には読書をする、勉強会に参加する、同僚の仕事に興味を持って情報を収集するということが大切でしょう。とりわけ、周りの同僚が身につけていないような専門とはちょっと違った知識・技術は、新しいことをやろうとするときにはかなりの武器になりえます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加