> 仕事 > 脳ある男は爪を隠す!仕事ができる人ほど馬鹿の振りが上手い理由

脳ある男は爪を隠す!仕事ができる人ほど馬鹿の振りが上手い理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.06.05

本当にデキる人って完全無欠ではないの?

仕事はテキパキとやるが、どこか仕事以外で抜けたところがあってみんなから愛されているという人が周りにいませんか?

逆にあまりにも完全主義に徹していて、なんとなく近づきがたいという人は結構多いものですが、こういった人は他人に隙を見せるのを極端に嫌がるという傾向があります。そうなると、人は逆にその人の隙を探したくなるのが不思議なものです。

デキる人がよくやっている事とは?

本当にデキる人というのは、あえて隙を作ってそこに注目を集めて安心させるという方法をとったりもします。何事においてもデキ過ぎる人というものは、尊敬もされますが嫉妬を買いやすいという場合も多いものです。デキ過ぎる人は、時として上の立場の人間からも警戒心を受ける場合もありますが、これは自分の地位を脅かす存在として考えられる事が多いようです。

このように嫉妬深い上司の下についた場合ですと、デキ過ぎる事が原因で潰されてしまうという不本意な結果にも為りかねません。ここが、ただ勉強を思いっきりやって成績が上がったら、即評価に繋がるといった学校と社会の大きな違いの1つといえます。

自己防衛にも繋がるバカの振り

面白い事に、この抜けた部分というか、つまりバカの振りが天然で上手い人もいれば、処世術として身につけてわざとやっている人がいるという事です。デキる男は重宝がられますが、デキ過ぎる男はまさに出る杭は打たれるというところかもしれません。

しかし、これは今に始まった事ではなく、歴史的にみてもよくある事なのです。頭のキレ過ぎるNo.2や軍師などが、逆に警戒されてあらぬ疑いをかけられて処罰されたという話も結構あります。

自分の才能を如何なく発揮したいという気持ちは分かりますが、それが絵や音楽といった表現する事が仕事でない場合には、自分が思っていたものとまったく違う結果になってしまうという場合もありますので、このバカの振りというのは身につけておいて損はありません。

バカの振りはコミュニケーションにも意外な効果がある?

このバカの振りのいいところは、この人にもこんな一面があるんだという事で相手の警戒心を無くしたり少なくするという事です。これは言い方を変えれば、相手の油断を誘うという事にもなるのです。

つまり、相手を自分の懐の一部に入れるという事にも繋がりますので、そこで油断している相手の細かい分析をする事もできるのです。こう書くと実に策略家を勧めているようにも見えますが、これは人とのコミュニケーションを取る上でも重要ともいえるのです。

人は持ちつ持たれつという言葉があるように、支えあっていく事によって莫大なエネルギーを生む事が多々あります。友情があって、愛情があって初めてわかるというものも沢山あります。完全無欠な人間というのは中々いませんので、時には自分のバカさをさらけ出したほうが人間らしくて好かれやすいというものです。

しかし、既にバカな部分が多すぎるという人は、努力して少しでも減らさないと周りから人が減っていくという悲しい結果にも為りかねませんので注意しましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加