> 仕事 > 大人にも急増!職場でイジメにあった場合の対処方法を知っておこう!

大人にも急増!職場でイジメにあった場合の対処方法を知っておこう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.02.05

2014_2_58

最近では、職場で大人のイジメもあるとよく言われますが、もしも自分がイジメにあったらどうするか?という事も考えておいたほうがよいでしょう。生活がかかっているので、イジメられるから会社には行かない、では済まないのです。

イジメにあった時の対処方法は複数ありますが、どの方法が効果的かは、会社によって異なるでしょうから、自分の職場で適切な方法を思案してみましょう。この他にも相談できるところはあるでしょうが、大きく挙げると以下の通りではないでしょうか。

・仲のいい同僚に相談をして、解決に動いてもらう
・上司に相談をして、然るべき対応をしてもらう
・会社の相談室に問題を話す
・労働局などの機関に相談をする

イジメの加害者と直接話し合ったとしても、仕事の中身や能力うんぬんへと論点をずらされて、問題解決から遠ざかる可能性もありますので、やはり誰かに相談するといった方法がよいでしょう。また、上司からのパワハラというように、イジメなのか指導なのか曖昧にされることもあります。

イジメにあったら記録をつけておこう

例え、あなたのミスや能力の問題だったとしても、適切な注意や指導ではなく過度の叱咤や退職を強要するような場合は、度を越えているといっていいでしょう。イジメの相談をする際には、あなたの話だけでは言った言わないの水掛け論になる場合もありますので、イジメにあった日付けや内容などを記録しておきましょう。

また、イジメを行っている人にしても、自分ではイジメと認識していない場合もあります。自分も先輩からこのぐらいはされたからとか、ミスをしたほうが一方的に悪いから何をしてもいいとか、自分の物差しだけで考えている場合が多いものです。

第三者が介入して、初めて自分がやり過ぎているんだ、と思う人もいるようです。その場では言い訳をするでしょうが、そこは大人としてのメンツを守りたい気持ちが邪魔をするのです。当事者同士で上手く解決できればいいのですが、このようにメンツが邪魔をするといったことは意外に多いものです。

自分はイジメをしていないと胸を張って言えますか?

大人なのにイジメが?と思う人も多いかもしれませんが、大人でも女性同士でのイジメがあることは昔からよくあるのです。ひょっとすると、草食男子という言葉が使われるように、何でも男女平等で牙を抜かれた男性の女性化も、多少影響しているのかもしれません・・・まあ、それはないでしょうが。

自分は意図していなくても、ひょっとして誰かをイジメていないだろうか?とたまには考えてみたほうがいいでしょう。知らない間に、イジメの加害者になっていたのでは、大人として恥かしいですからね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加