> 仕事 > 仕事効率化!休日にも動かしておくべき脳内の3つのエンジンとは?

仕事効率化!休日にも動かしておくべき脳内の3つのエンジンとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.01.16

休み明けはどうも脳みそにキレがない

休み明け、特に月曜日には、出社をしてきても営業で外回りに出ても、どうも調子が出ないという人が多いと聞きます。ひどい人になると、火曜日どころか水曜日くらいまで調子が出ず、「先週の弁舌はどこへやら?」と前週の後半とは別人のようになってしまう人もいるそうです。

土日の休みの間に脳がリフレッシュされ過ぎてしまうのが、この「別人病」の原因ですが、果たして少しでも時間を効率的に使いたいビジネスマン諸氏にとっては非常にやっかいなもの。

「週末の休みくらいは、仕事の事を完全に忘れてリフレッシュしたい」というお考えもあるかもしれませんが、エンジンがなかなかかかってこないばかりにロスしてしまう時間は、長いサラリーマン人生に換算するととんでもない「長時間」になります。

限られた人生の時間は、少しでも無駄を省いて有効に使いたいものですよね。そんなあなたに、休み明けからもすぐにトップギアに入れるとっておきの方法をご紹介したいと思います。

方法は簡単です。以下にご紹介する「三つの脳内のエンジン」を完全に切らないようにして、アイドリング程度に回転を維持して休日を過ごすようにすれば良いのです。具体的にどういうことかというと…

「頭の回転」を維持する

最初のエンジンは、「頭の回転」というエンジンです。休日はあまり難しい事は考えずに、友人や家族、恋人とリラックスした会話を楽しむ人がほとんどだと思いますが、これでは完全に頭の回転がオフの状態になってしまいます。

平日の会議やプレゼン、商談などで相当酷使された頭ですから、「休日は完全に休ませて翌週に備える」という気持ちもわからなくはないですが、ここは効率重視。

相手は誰でも構いませんから、少々トンチを効かせた「ミニディベート」を行って、アイドリング程度のテンションを維持するようにすると良いでしょう。

具体的には、電話でも何でも構いませんので、今日の自分が気になる出来事に関して少々の論理的構築を行って、友人や家族、恋人と軽いディスカッションをしてみるのです。もっと簡単な言い方をしてしまうと「少々小難しい話をしてみる」ということ。

好きな球団が負けた理由でも良いですし、彼女が今日は機嫌があまり良くない理由でもOK。とにかく「小難しい事」を話して、脳内の「頭の回転」を司るエンジンを切らないようにすることがポイントです。

「論述力」を維持する

次のエンジンは、「論述力」というエンジンです。この2番目のエンジンが最もやっかいで、一度切れてしまうと再起動が非常に難しくなります。

「論述力」と聞くと何やら相当難しい作業が連想されるかもしれませんが、具体的には「モノを書く」というテンションを維持すれば良いだけの話。それほど難しいことではありません。

文字量にして600文字程度。それほど長い文章を書く必要はありませんが、ご自身が興味をお持ちの事に関して、起承転結を意識して簡潔にまとめるようにします。土日と二日間お休みなのであれば、1日1文章で充分でしょう。

とにかく朝起きてから夜寝るまでには1つの文章を書くようにしてみてください。最初のうちは大変かもしれませんが、慣れてくると30分もかからない作業です。この作業を実践することで、休み明けに「どうも筆が進まない」といった困った症状は防止できるようになるはずです。

そして「笑顔力」を維持しよう

最後は、この「笑顔力のエンジン」、つまりは、笑顔を作るための筋力を維持するという作業です。もしもあなたが土日を一人で過ごすのならば、休みの間、「一回も笑顔を作らない」といった状況になることがあるかもしれません。

自然に笑顔が出てきてしまう人は別ですが、仕事中に作る笑顔は、だいたいの人が「営業スマイル」。「意図的」に顔の筋力を動かして、「意図的」に笑顔を作り出しているわけですね。

そのような人が休日をほとんど笑顔なしで過ごしてしまうと、休み明けには顔の筋肉もこわばってしまい、「笑顔」を作り出すのも一苦労という状態になってしまうのも無理からぬ話です。

コンビニにちょっとした買い物に出る際でも良いですし、定食屋さんで食事をする際でもOKです。少々気持ち悪がられるかもしれませんが、意図的に笑顔を作り出すようにして店員さんと会話をするようにしてみましょう

休み明けはエンジン全開で

休日は仕事を忘れて、完全に「休みたい」というあなたの気持ちは良く理解できます。誰だって休日はリラックスして過ごしたいものですし、何もやらないというのは「最高の贅沢」でもあります。

でも、休み明けにどうもエンジンがかからないのは本当にストレス。何よりも人生の貴重な時間を「無駄」にしてしまうものです。

簡単な「ひと作業」で防止ができるわけですから、興味がある方は、次の土日から早速この3つのエンジンを意識した行動を実践してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加