> 仕事 > 専門家を上手くリードする方法!専門家に合った導き方とは?

専門家を上手くリードする方法!専門家に合った導き方とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.11.17

専門家に対して細部まで仕事を指示してしまうと、やる気を無くしたり葛藤となりやすくなります。専門家の専門性に配慮をし、上手く導きましょう。

企業には様々な人が働いている訳ですが、その中で専門家が企業活動に従事する場合があります。例えば、自社の開発部門で開発に専念している技術職の専門家や、社内の知的財産を管理する専門家、他にも社内で活動してくれる士業の専門家など、様々な専門家がいます。

しかし、専門家に対しては、会社側で仕事の内容をコントロールをしてしまう様な事をしてしまうと、一気にやる気を無くしてしまう恐れがあります。その仕事に関する専門性を熟知しているからこそ専門家なのであり、その仕事の内容にメスを入れる事はタブーに近いと思って置かなければなりません。

専門家に仕事を依頼する場合には、結果を求めるだけで十分です。それだけで専門家たちは、結果を出すための段取りを自分たちで行い、自分たちできっちりと取り組むでしょう。

専門家に仕事を依頼する場合は、彼らを尊重するという事がとても重要です。しかし、専門家は専門家であるがゆえに、その成果に関してはより高い成果を求めるべきです。

仕事のやり方は専門家に任せる代わりに、結果に対してはより高いものを求める。そういうやり方だからこそ、専門家は高い結果を求めてやる気を出し、依頼する側も専門家を尊重出来るという訳なのです。では、専門家に成果を上げてもらうための効果的なポイントを紹介します。

目的を共有し、自分たちで考えてもらう

専門家に成果を上げてもらうには、専門家自身がどうすれば会社に貢献出来るのかを考えなければなりません。彼らの持つ専門知識やスキルをどの様に活かせば成果が出るのか、本人に考えさせるのです。そのためには目的を共有し、後は任せてしまいましょう。専門家には専門家としての仕事に徹してもらう事が一番です。

管理職に昇進させない

専門家を管理職に昇進させては専門家のモチベーションは下がってしまいます。管理職に昇進させるのではなく、専門職として昇進させる必要があります。そのため、ポジションも専門家用のポジションを作る必要があります。専門家はあくまでもその専門性を生業としている事を忘れてはいけないという事ですね。

専門家の報酬は高い報酬が必要

専門家への報酬は高い報酬が必要です。勿論それだけ専門的で成果が出るという事が前提になりますが、そのための評価基準も明確にしておき、専門性が会社にどれだけ貢献しているかの度合いに合わせて高い報酬を払う必要があります。専門性という事は付加価値であり、その価値に対しての対価と考えましょう。

専門家は管理してはいけない

専門家を他の従業者と同じ感覚で管理してはいけません。彼らはその専門スキルや知識によって、高いプライドを持っている事が多いのです。ですので、専門家は独特の存在であると認識をした上で、尊重し、敬意を払う必要があります。

無理に管理をしようとすると、モチベーションを落としてしまいます。それよりも、専門家として、その専門分野に対しての成果を多く求める事の方が重要と言えます。

この様に、専門家のマネジメントの仕方は、他の従業者とすみ分けて考える必要があります。なるべく常に多くを要求しながらも、その仕事のやり方に関しては専門家の責任として、自分たちに任せて決定させれば良いという事なのです。そうすると、彼らはその知識とスキルを、要求された目的に向かって発揮してくれる事でしょう。

他部署との葛藤

よく専門家のいる会社では、他部署と葛藤しているケースが見受けられます。他部署の一般常識が、専門家の独特の考え方には通じず、その間でジレンマを起こしている場合があります。

出来る事なら、専門家のセクションと、営業などのお客様お声がダイレクトに届くセクションとの間には、通訳を担うポジションがあると望ましいです。専門家の専門知識を咀嚼して伝えられて、顧客の声を上手く専門家に届けるポジションは、専門家と一般社員をつなぐ潤滑油になってくれるでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加