> 仕事 > 40代からの転職に不可欠な、キャリアアップ成功の秘訣4選!

40代からの転職に不可欠な、キャリアアップ成功の秘訣4選!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.02.07

2014_2_76

最近では、不況が続き、自分の会社もいつどうなるかわからない。それ以上に、会社は大丈夫でも、自分がどうなるかがわからない…

また、いやらしい話ですが、自分の働きに見合ったお給料が支払われているでしょうか。逆に、給料は良いが、福利厚生は実質なく、時間もやりがいもない、なんてことがあるのではないでしょうか。

今日は、40代からの転職に不可欠なキャリアアップ成功の秘訣を3つご紹介いたします。

1、40代以降でも転職は可能

まず、40代でも転職は十分可能です。むしろ、リーマンショック以降、企業は、できるだけ有能な人員のみを獲得したいと考える傾向にあり、求人の何割かは、年齢を考慮しないか、40代以上可という条件です。

また、景気の底を打ったと考え、攻めの経営に移行しようとしている企業も多く、そういった場合に、外部からの血を求めているということも非常に多いのです。そもそもノウハウがない場合は、どこかから仕入れてきた方が早い、というわけです。

反対に、経営陣が入れ替わった企業も、新しい血を求める傾向にあると言われています。つまり、経営不振で整理のために、40代以上の有能な人材を求めている企業もあります。

とすれば、今、現状の企業よりも、他の企業の方が、あなたのことを評価してくれるかもしれず、40代からの転職は、現状では十分なチャンスなのです。

2、秘訣1―各種サービスの利用

まず、転職サービスなどを積極的に活用します。

転職サイトは当然のこと、転職セミナーや取引先の知り合いなども、積極的に使っていくのもいいかもしれません。

また、意外と狙い目なのは、転職エージェントという直に転職を手伝ってくれる人たちを使う方法です。どうしても、求人サイトの求人は、「誰でもできるが辛い」ものか、「若い人がやる仕事」というものが多いです。

しかし、転職エージェントなど、フェイストゥフェイスで関係を取り持ってくれる業者の場合、自分の希望をダイレクトに伝えることができます。

また、心当たりがあるかもしれませんが、企業は本当に欲しい人材をおおっぴらには求人しない傾向にもあります。なぜならば、次の経営戦略がばれてしまう可能性もありますし、自分たちの弱みをさらすことになりかねないからです。

同様に、取引先のコネや友人をたどるというのもいいかもしれません。この場合、自分のことを良く知ってもらっており、自分の能力についても良くわかっていただいている、が多いわけですから、意外と転職先が見つかったりもします。

3、秘訣2―能力の確認

次に、「自分に、何ができるのか」をしっかりと把握する必要があります。35歳までであれば、経験がない、もしくは経験が浅いというのも許されるでしょう。

なぜならば、35歳までであれば、改めて仕事を覚えることも可能ですし、能力を伸ばすことも可能だと一般的には考えられているからです。“将来性”という点を買われていると言い換えてもいいでしょう。

しかし、40代の場合、ちんたら教育して仕事を教えようとは企業側も思っておりません。仕事を覚えたらすぐ定年では話になりません。

そこで、自分は何ができるのか、自分の状況が一体どうなっているのか、という点を、冷静に嘘を交えず書いてみましょう。こうすることで、自分の強み弱みがはっきりするはずです。

また、こういった方法をとらなければ、会社と自分の意思をマッチングさせることができません。

例えば、面接でよくありがちな受け答えが「御社の将来性」を語ってしまうということ。これは、「こいつ、何しに来たんだ、わかってねーな」となってしまうこと請け合いです。

35歳までであれば、やる気と情熱があればそれで許されますが、40代以降では、“大人”として、その場その場で適切に対応できることが要求されます。就職活動は、よく言われることですが「自分自身を商品にする」ということであり、「相手のニーズに沿った商品であることの説明」が求められているのです。

つまり、自分の特徴と、相手企業の必要性を説かなければなりません。その際に、「自分の状況」を冷静に、時には残酷に分析する必要があるのです。

4、秘訣3-能力の向上

最後に、キャリアアップに不可欠な秘訣としてあげるのは「能力の向上」です。今更、能力をあげようなんて?と思われるかもしれません。

しかし、40代以降に求められる能力で一番大きな能力は、マネージメント能力です。要は、1つの仕事と集団を任されて、しっかり利益を持ってくることができる能力ということです。

「マネージメント能力があるから転職する」というのは、確かにそうなのですが、転職を意識した瞬間から、今いる会社で自分の能力を向上させるトレーニングをするというのも重要なことです。

そうすることで、前の企業で自分が何を意識してきたかという点も、次の企業に伝えることができると言えます。

以上、40代からの転職を成功させるための秘訣でした。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加