> 仕事 > 30代の転職が厳しいと言われる理由には何があるのか?

30代の転職が厳しいと言われる理由には何があるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.02.22

30代の転職は年齢によっても様々です

よく、30代の転職は難しいという話を聞きますが、果たして本当にそうなのでしょうか?確かに、20代のほうが転職はしやすいでしょうが、果たしてどこにその違いが出るのか、または30代の全員に当てはまる事なのかという疑問もあるかと思います。

一概に30代の転職といっても、30代の前半から中盤や後半によっても状況が大きく変わる場合もあります。未経験でもOKという募集などですと、30代の前半のほうが後半よりも需要が多いように、同じ30代でも転職に関してはひとくくりにできません。

転職は、35歳ぐらいまでという人もよくいますが、これも一概にそうだとはいえません。恐らく、未経験の分野への転職を指しているのでしょう。確かに、未経験者の場合ですと若者のほうが教えやすいという点がありますので、35歳という区切りを持っている人も多いのでしょうが全ての募集がそうとも限りません。

30代後半ですと、これまでの経験を生かせるという場合には、転職をしたほうが今よりも給与や条件がよくなるという場合もあります。管理職の経験がある場合には、管理としての手腕も見込まれるという事も多々あります。なので、面接の時にはいかに自分の経験を上手く伝えられるかが重要になってきます。

また、このぐらいの年齢になりますと、ある程度のハッタリが功を奏す場合もありますので、そのような演出もできればよいでしょう。この自信は、よっぽど自分の経験に自信があるんだなと、相手に思わせるという訳です。

転職が難しいのは年齢のせいではない?

30代だからといって、転職が難しいという訳ではありません。不景気だと、総体的に難しいということもありますが、優秀な人材を欲するのは企業として当然の欲求ですし、具景気でも自分を必要とする企業があると前向きに考えることも必要です。

しかし、いくら前向きに考えたほうがいいといっても、無計画に転職をしようとしても上手くいく可能性は低いでしょう。上手くいったとしても、その計画性のなさが後になって尾を引くという場合もあるからです。転職は、人生を左右する大事な選択だと思いましょう。

まだ30歳を少し過ぎたばかりだから、転職も難しくないだろうという人もいれば、35歳だから転職は難しいだろうと思っている人もいるでしょうし、もうすぐ40歳に手が届くから転職は諦めたほうがいいのだろうと思っている人もいるでしょう。

しかし、年齢にこだわるよりも、自分は何が得意で何ができるのか?と考えたほうが答えが出る場合があります。20代の人間と比べると、それだけ仕事をしてきた年数が長いという人のほうが多いかと思います。その経験上で、転職を考えてみるとよいでしょう。

転職を決めた場合には、新たな転職先でどのような未来を築きたいのか?という点を念頭において、妥協点と妥協できない点もじっくり考えてから行動に移すようにしましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加