> 仕事 > 才能を発揮できない人が持っている3つの制限のある考え方とは?

才能を発揮できない人が持っている3つの制限のある考え方とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.05.02

なぜ、才能を発揮出来る人と出来ない人がいるのでしょうか。才能を発揮している人はとても充実していて楽しそうに過ごしていますが、才能を発揮していない人は、何をすれば楽しいのかが分からないで生活しているかもしれません。

才能は特別な人しか持っていないものではなく、どんな人でも人それぞれ違った才能を持っているといえます。では、才能を発揮できない人が持っている考え方にはどんなものがあるでしょうか?

考え1:特別な人しか持っていない

これは、才能を発揮していない人にありがちな考えですが、特別な人しか持っていないと考えている時点で「自分は才能がない」と決めつけているようなものです。逆に「自分にしか特別な才能はない」と自信過剰な人は、後から痛い目を見ることになります。

どちらにしても、自分と他人を分けて考えることによってストレスが起こります。ですが、自分と他人どちらも才能を持っていると同じく考えることが出来れば、自己卑下することもなくナルシストになることもないでしょう。

自分と他人を分けることによって感情的なバランスが崩れ始め、他人とのコミュニケーションが上手くいかなくなります。また、自分の中での感情的なバランスも崩れ始めるでしょう。

自分も他人も才能を持っている、それが当たり前でどちらが偉くてどちらが偉くないという差別はなく、誰がも平等で素晴らしい存在に見えるとき、自分の力を発揮しやすい状態になります。

特別な人しか持っていないという考えは、小さいころの周りの影響によるものです。赤ちゃんのころから「自分には才能がない」と自己卑下している子は見たことがないと思います。

好奇心旺盛でどんなことでもやってしまう、でもそんな可愛い子供が危なくないようにしつけする仕方によって「自分は出来ない人間なんだ」と思い込み始めるが、自己卑下の始まりです。そうした過去の記憶から抜け出すことによって、自分にも才能があると考え始めることが出来ます。

考え2:凄く頑張らないといけない

自分の才能を発揮している人を見ると、普通の人じゃ辛くて出来ないようなトレーニングや努力をしているように見えるかもしれません。また、それによってありえないような才能を発揮しているように見えるかもしれません。

ですが、それはその人自身にならないと分からないことです。才能を発揮している人は確かに努力はしているかもしれません。ですが、それも夢中になっていたり才能をもっと発揮するためにわくわくしているかもしれません。

もちろん、嫌なことをやりながらさらにキツいことをやるのはいてもたってもいられないでしょう。ですが、才能を発揮している人は自分がやりたいことをしているので、それをさらにレベルアップして才能を追求するためにしているキツいことは、普通の人が考えているほどキツいことではないようです。

それより、キツいことをしている人はとてもイキイキしているようにも見えます。それは、それによってさらに充実することが分かっているからでしょう。なので、見ただけで「自分には無理だ」と考えてしまうよりも、実際に楽しい、好きと思えることをやり始めることが大切です。

そこで満足するかもしれませんし、さらに追求するためにキツいと思えることも楽しいと思ってやってしまえるかもしれません。先読みして何も始めないよりも、まずは小さな行動からスタートするといいでしょう。

考え3:年を取りすぎている

これも、よく言われることかもしれません。才能がありそうな人に「もっと上を目指して頑張ったら?」と聞くと「自分は年を取りすぎたから無理」と答える人は多いのではないでしょうか。ですが、それは事実でしょうか。実際、年を取ってから色々な分野で成功する人はいます。

実際、そう言っている人は年を取ることによってありもしない制限を考えているかもしれません。トレーニングしている人は、80歳になっても体は20歳と変わらないということが分かっています。

さらに、頭は年を取るごとに衰えるどころか、これまでの蓄積が増えていく一方なので、知識面を追求している人は若い人が追いつけないほどの知識を身につけることが出来るでしょう。

身なりやファッションなどの分野で成功したい人でも、年齢に合わせて相応の求めている人がいるはずです。そう考えると、年を取ることによって才能が発揮できないという理由は存在しないと思います。冷静に見てみると、若い人よりもメリットがあるかもしれません。

こうした考えに振り回されることは、自分の才能を発揮するチャンスを逃してしまうことになります。才能を発揮している人はこうした制限的な考えを小さなころに教育されなかったというだけの違いしかないかもしれません。

まずは、自分が好きなことを思い出し、それをやり始めること。そこから才能が発揮できる道に進むことができるでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加