> 仕事 > 仕事をする上で、良いリーダーになるために必要な5つの心構え

仕事をする上で、良いリーダーになるために必要な5つの心構え

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.05.13

プロジェクトのリーダーや中心人物に必要なものは何だと思いますか?人望や仕事のスキルなどはもちろん大事な事です。ですが、もっと「当たり前のこと」が当然のようにできていないと、リーダーとは言えません。そこで、仕事をする上でリーダーに必要な5つの心構えを紹介します。

1.行動は素早くする

行動が素早くないと、チームの指揮を執ることはできません。やはり、人は行動力のある人に付いて行こうとするものです。もし、リーダーとして行動力がかけている。あるいは、普段から素早く行動に移すことができないという人は、今日から「行動は素早く」というのを意識するといいでしょう。

ただ、いくら行動がはやくても見切り発車などの判断力に欠けていると、人望が薄くなってしまうので判断力も併せて持つ必要があります。

2.全てを仕切ろうとしない

何でもかんでも仕切ってしまうのはリーダーとしては失格です。リーダー的な人がGOサインを出してしまうと、周りは従わざるを得なくなる傾向にあります。

リーダーのあなたよりも、優れたアイデアを持っている人がいたとしても、あなたの「全て仕切ろう」とするやり方によって、よりよい提案を潰してしまっているかもしれません。優れたリーダーは全てを仕切るのでは無く、アイデアや話しをしやすい空気を作って、チームを共通の目標へ導いていく物です。

3.会議は短くする

会議はなるべく短く1時間以内に終わらせるようにしましょう。ダラダラと長時間の会議は疲労感を生み、集中力を減退させてしまいます。会議は話すこと(話し合うこと)を事前に決めてから1時間ほどで臨むようにしましょう。

もし、会議の時間がなかなか短くならないというのであれば、あえて全員立ったまま会議をしたり、日頃からミーティングなどはスタンディングで、短時間で打ち合わせを終わらせる習慣を作ってしまうといいかもしれません。

4.ネガティブな情報も隠さない

どうしても、ネガティブな情報があったらリーダーとしては隠したくなるでしょう。例えば、「競合他社に仕事が奪われそうだ」「仕事自体が無くなってしまいそう」という場合は、チームに報告しづらいでしょうが、そういった情報を隠してしまうと、あなたへの信頼は無くなってしまいます。

また、ネガティブな情報は隠さずに報告していけば、逆にチーム一丸となって策を練ったりして、連帯感が高まるかもしれません。リーダーのあなたがネガティブな情報を隠さずに報告していたら、チーム内でも、そういった情報が隠されずに素早く報告され、早期に対応ができるかもしれません。

5.率先して、自ら仕事を作り出す

やはり、リーダーとしては自ら率先して仕事を作り出せる人です。部下やチームの誰かが取ってきた仕事を少しアレンジを加えて、さも自分の手柄のようにしていては、良いチームは生まれません。

リーダーとして、仕事は自ら作り出したり、チームのメンバーが取ってきた仕事を「自分の手柄」にするのではなく、サポートしたり、まとめるような立場として行動するべきです。

5つの事を守れば、必ず良いリーダーになれる!

あなたは、仕事のプロジェクトでリーダー的なポジションの人間でしょうか?もし、そうだとしたら、この記事を読んで、より人をまとめることのでき、信頼されるリーダーになってください。

反対に、今はまだリーダー的なポジションでは無いが、いずれは中心となってプロジェクトを担当してみたいという人も参考にしてみてください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加