> 仕事 > 3分で分かる!プロモーション方法の基本をチェックしよう

3分で分かる!プロモーション方法の基本をチェックしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.03.31

デフレ時代ともよばれる現在の日本で物を売るのには様々な販売促進方法が必要になります。そのための戦略として有効なのがプロモーション活動です。プロモーション活動を行う上で必要なのは4つのWと1つのHです。

つまり「ターゲットは誰か(Who)、どのようなメッセージを送るか(What)、実施のタイミングはいつにするか(When)、実施する場所はどこにするか(Where)、どのような方法をとるか(How)」を設定することが必要になります。

そして、代表的なプロモーション方法としては広告、パブリシティ、販売促進、人的販売の4つが挙げられるでしょう。ここでは先に挙げた4つのプロモーション方法を行う上で役に立つ二つの戦略を紹介していきます。

プッシュ戦略

プッシュ戦略とは、人的販売を中心とした販売戦略のことを指します。具体的には製造メーカーは卸売り業者に対して商品特徴の説明、値引き、インセンティブなどの財政援助を行い、それを受けた卸売り業者が販売店へ販売を強化を促し、販売店は消費者へ製造メーカーの商品をプッシュして売り上げを伸ばす戦略。ブランド名が浸透していない商品で行うと有効とされている戦略です。

プル戦略

プル戦略とは広告を中心とした販売戦略を指します。メーカーが消費者に対して主にテレビコマーシャルなどを通してメッセージを伝えて消費を促す方法などがあります。広告によって消費者を製品購入の為に引き寄せることからプル戦略と呼ばれているようです。

プル戦略はプッシュ戦略に比べてITの発達により戦略が多岐に渡るようになりました。ホームページの脇に動画で表示されている広告などもプル戦略の一つといえるでしょう。

上記の2つがプロモーションの代表的な戦略になりますが、大事なのは自社の経営体力にあった販売促進を行っていくことです。中小企業の場合はインターネットを有効に利用したプル戦略をとれば、比較的安い費用で効果的なプロモーションができるでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加