> 仕事 > 嫌いな上司とうまくやるには上司の性格を見抜くことが大切!~後編~

嫌いな上司とうまくやるには上司の性格を見抜くことが大切!~後編~

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.04.12

af9920054169l

関係を切るべき「嫌いな上司」もいることを知りましょう

度を超えたパワハラ上司には、自分一人で抱え込まずに、まずは会社にパワハラ・セクハラ等の相談室やカウンセリング室があるなら、その部署に相談したり、仲間に相談したりして、ある程度は要領の良さを学習してみましょう。

それでも改善されず心の病になりそうになったなら、家族に相談しましょう。妻に話すことでストレスが解消することもあります。それでも病気が酷くなりそうなら会社を辞めてしまいましょう。

「家族に迷惑をかける」と真面目な人ほど我慢して頑張っちゃうものですが、心の病は日々進行していきます。体の病と同じで心の病も早期対処が必要なのです。早い対処の方が軽症で治るのも早いのです。

重い心の病になってからでは自分ではどうにもできなくなり、再就職どころか入院が必要だったり、蒸発・自殺に自分を追い込んでしまうケースもあるそうです。こうなってしまった方が家族に心配・苦労をかけてしまいます。

ここまで来ると会社のいじめです。心が壊れそうになったら、「逃げる」のも家族を守るための勇気だと私は思います。環境が変わるだけで心の幸せが訪れるのです。

多少の年収の減少が起きたとしても、長い人生幸せな環境で働くのが何よりです。心が元気で無いと自分だけでなく、家族の幸せは無いのです。

このような状況に陥るのは、確かにあなたの不運かもしれません。でも、あなたが悪いのではありません。「こういう人間もいるのだ!」ということを知るためのあなたの試練だったと思いましょう。次は用心できますよ!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加