> 仕事 > 新人が仕事が出来るようになる為に必要な、アウトプット力の鍛え方!

新人が仕事が出来るようになる為に必要な、アウトプット力の鍛え方!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.05.06

あなたは、仕事に必要な能力は何だと思いますか?「コミュニケーション力」「プレゼン力」「情報収集力」「営業力」「リーダーシップ」いろいろ浮かぶと思います。もちろん、全て正解です。

ですが、新人の間に必要なスキルは「アウトプット力」です。アウトプット力を鍛えることができれば、仕事は急速にできるようになっていきます。

インプットしたらアウトプットをしよう

新人の内は「とにかくメモをしろ」と上司に言われたのでは無いでしょうか。仕事をする上で大事な事など、なんでもメモするように言われたと思います。あるいは、「本を読め」や「社会人からが勉強だ」などと言われることもあるでしょう。そういったことが、インプットです。

仕事のノウハウやスキル、知識などを、とにかく頭に叩きこむようにと言われたでしょう。ですが、ただインプットするだけでは仕事はできるようになりません。大切なのはアウトプットすることです。得たノウハウやスキル、知識などをいつでも脳にある引き出しから、的確に取り出せるようにする必要があります。

アウトプット力の鍛え方

アウトプット力を鍛える為には、何よりも多くの事がインプットされていないといけません。インプットをより多くするには、たくさん上司や先輩から教わったり、本を読んだりするのが最も手っ取り早いやり方です。この時、漠然と人の話を聞いたり、本を読むだけでは意味がありません。

きっちりと頭に入れるために、あらゆる話しや本の内容に対して好奇心を持って向き合ったり「なんでだろう?」など少し疑問を持つような姿勢を取れば、効果的にインプットすることができます。

ただし、情報の詰め込みすぎは禁物です。教わったり、調べるという時間も大切ですが、そういうことに時間を取られるよりも、もっとアウトプットする時間を取りましょう。

アウトプット力を鍛える為には、インプットしたことを言語化することが最も効果的なやり方です。上司や先輩から聞いた話しを積極的にメモに取り、それを更にノートなどにまとめるなど再確認をするようにまとめていくといいでしょう。

この時、なるべくパソコンなどのデジタル機器使わず、手書きで書いていくほうがいいでしょう。なぜなら、ノートに手書きのようなアナログ作業の方が小学生の頃から親しんでいる画期的なアウトプット方法だからです。ノートに何度も感じや英単語を書いて覚えたように、ノートにメモの内容を書き、整理していきます。

報告書や日報を毎日書いて提出するのも良いでしょう。上司や先輩にチェックして貰えば、更にいいアドバイスが貰えるかもしれません。報告書や日報は面倒なことかもしれませんが、アウトプットと同時に新たなインプットもできるので一石二鳥です。

アウトプット力を鍛えて、自分なりの「答え」を出そう!

アウトプット力が鍛えられると、自分なりの「答え」が出せるようになります。新人の間はある程度は上司や先輩の言うことを聞いていたらいいでしょうが、いつかは自分の頭で考えて、仕事を作り出していく必要があります。

そうなった時に、最も大事なのはアウトプットする能力の高さです。ずっと、上司の言うことを聞くような、いわゆる「指示待ち人間」は会社に必要ありません。ぜひ、アウトプット力を鍛えて1日でもはやく仕事ができる人になり、新人から脱却しましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加