> 仕事 > 新卒入社でのステップアップは、入社する前からの手回しが重要。

新卒入社でのステップアップは、入社する前からの手回しが重要。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.06.09

入社が最終目標ではない

就活時期が近付くと、何かと賑わう新卒生たち。就職難まっただ中の今において、希望の就職先に何とか内定をもらおうと、必死です。

ですが、ここで勘違いしてはいけないのが、”入社が最終目標ではない”と言う事です。入社はもちろんの事、ゆくゆくはその会社で周囲から認められ、順調にステップアップをして行きたい所です。内定をもらったからと言って、油断していてはいけないのです。

ライバルたちも意識すべき

そこで気にするべきなのが、同じく新卒で同じ会社への入社する、ライバルたちの存在です。中でも特に強力な存在となるのが、その会社に先輩や知り合いなどのいる、いわゆる”コネ”を持った就活生です。

今や、コネを最大限に活用する就活生は少なくありません。あなたも、順調なステップアップを目指すなら、こういった繋がりを上手く活かしましょう。

その理由は部署配属

何故コネを活用するのか。その理由は、評判の良い人気の部署へ配属される為なのです。同じ会社でも、部署によって、業務内容が違ったり、上司の評判の善し悪しがあったり、また、真っ当な評価をしてもらえるかどうかなども、変わって来ます。

いくら実力があり、精力的に仕事に専念した所で、そういった各面のマイナスな評判が目立つ部署では、なかなか昇進に繋げる事が出来ません。

そこで、既に会社に馴染んでいる先輩などへの印象を、あの手この手であらかじめ良くしておき、評判の高い人気の部署への配属の口利きを、お願いしておくのです。

決して汚い手ではない

こういった手法は、今や新卒生の間では、結構一般的となっています。なので、罪悪感を感じる必要もありませんし、むしろライバルたちも同じ手を使って来る訳ですから、差を付けられないために、行っておくべきとも言えます。

飲みに誘ったり、合コンをセッティングしたり、また、あからさまに物などを渡してお願いするケースもあるそうです。将来に関わる事なので、皆必死なんですよね。

入社式で既に差がついている

この様な手回しをせず、内定後余裕をかまして入社式を迎えると、あなたは信じられない光景を目の当たりにする事でしょう。

自分と同じく始めて会社に入る同期たちが、何故か人気部署に当たり前の様にいて、しかも既に馴染んでいる…。会社生活において、部署に、そして会社にいかに馴染めるかどうかは、ステップアップに必要な重要な鍵となります。

順調なステップアップを目指したいなら、出来る限り、手回しはしておくべきと言えるのです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加