> 仕事 > 新社会人は気付いている?「悩み」とは今の自分へのメッセージ

新社会人は気付いている?「悩み」とは今の自分へのメッセージ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.08.28

今年も暑い日本列島!!しかし庶民の懐は冷え切ったまま……。戦後日本は凄まじいペースで文化と経済が発達し、空前の情報化社会となり、スマホにパソコン、本当に便利な日常を送れる様になりました。

しかし、この空虚感はどうしてなのでしょう?バブル崩壊後の冷え切った経済で成長をしてきた若者達は、自然に「守り」や「現状維持」の思考で生きてきたからかもしれません。自分自身の為にも、家族の為にも、そして未来の日本の為にも、疑問に気付いたあなたはどんどん社会へ挑戦して行きましょう!

今日は悩みについて考えていきます。あなたは仕事や人間関係で「悩み」を持った時、どの様に心で処理しますか?投げやりになったり、ほったらかしにしたりしていませんか?

悩みには解決できるものと解決できないものがあります。直ぐに解決できるものであるならば、後回しにはせずに真っ先に解決する様にしましょう。人間関係のトラブルであれば尚更の事です。時間が解決するものもあるかもしれませんが、それはごく一部であって、殆どの場合は放っておけば人間関係が泥沼化してしまいます。

そもそも、「悩み」というものは「今の自分へのメッセージ」だと思ってください。最近の人は悩む事に慣れていない気がします。その結果として、ストレスが溜まり「欝病」等の精神疾患になってしまう場合が非常に多いです。街のあちこちに心療内科があるこの時代ですが、どこへ行っても予約を取るだけでも大変なのが現状です。

「悩みとは今の自分へのメッセージ」という事は「次へのステップ期間」「次へのチャンス」と捉えてみてください。「よ~し!悩みが来た!俺はまた成長できる!ラッキー!!」位に思える様になれば、きっとあなたはどんどん成長し、周りからの見られ方も変わり、そのプラス思考に大きな仕事も次々と舞い込んで来る事でしょう。

しかし、そんなにいきなり思考回路を変える事ができないのが人間の性。そんな方に提案するのが「悩みノート」を作ってみる事です。あなた自身の悩みを綺麗に整理してみてください。

そして客観的に見直した時、「これは悩んでも仕方がないな」「これは今すぐにでも解決できる」といった様に悩みを振り分ける事ができます。そして整理する事により、心を軽くしながら、今本当にあなたが成長する為に必要な悩みを見極める事ができます。

筆者も欝病で寝込んだ時期があります。あっという間の「若い時代」眠っている時間が勿体無い位です。悩みを前向きに捉え、元気に夏を乗り越えて行きましょう!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加