> 仕事 > メガネとスーツは女性を落とす武器!魅力を引き上げるツール

メガネとスーツは女性を落とす武器!魅力を引き上げるツール

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.04.17

女性にとって、男性を選ぶ基準は必ずしも顔ではなく、立ち振る舞いや接し方、友達の多さや意思の強さなどが選ばれることもあります。おしゃれであるというのも大きなポイントで、顔はそんなにイケメンじゃなくても、自分と服のタイプが合うということで選ばれる基準になることもあります。

その中でも、スーツとメガネの支持が意外に高く、男性からすると「なぜ?」と思うかもしれません。そこには理由があるようです。

知的に見える

スーツは、先生やビジネスマンが着ているイメージが強く、それゆえ頭が良い、しっかりしているなどのイメージが強いようです。また、ホストでもスーツが当たり前なので、出来る男を演出出来るよっぽど親しい友人と家で遊ぶという以外はどこでも活用できるアイテムともいえます。

そして、メガネも頭が良い、仕事が出来そうなどの印象を与えるため、この2つを同時に身につけていると、仕事が出来てコミュニケーションも取れる、頭が良いといったイメージを与えるようです。

どんなスーツが良いのか?

スーツといってもタイプからカラー、ブランドまで色々あります。その中でどれを選べば支持率が高いのかというと、どれが極端にいけないというものはありませんが、やはりダボッとしたものよりも、スラッと見える体のラインに沿って着れるスーツが、知的に見えるだけではなくスマートにかっこよく見えるでしょう。

また、色も銀や金、ラメなどの見るからに派手なものでなければ、オーソドックスな黒や灰色、少しブルーがかったものなどで十分魅力が伝わります。

色はどこも変わらないにしても、その中に見えないように赤や青の色の配色を施したものや、裏地をサテンなどのセクシーなものなど、気がつかないところがさりげなくおしゃれだと、見る人により魅力的な印象を与えることが出来るでしょう。

パンツにも、ブランドによってアクセサリーのパーツがついたりするものもあり、さりげないおしゃれを演出するスーツだからこそ、より良い印象を与えることが出来るようです。

どんなメガネが良いのか?

メガネにも色々あり、選び方を間違えるといくらスーツが格好良くても場違いな印象を与えてしまいます。たとえば、しっかりと黒ぶちがついた丸いメガネや昔流行って今は流行っていないようなものは、ウケを狙っていると思われるかもしれません。

今流行っているメガネをかけるのはおしゃれの定番ですが、自分の顔に合ったメガネを選んで、それをずっとつけているのもこだわりがあっておしゃれに思われます。

今はふちありのスマートなメガネがはやっていて、様々なカラーから選べるので自分が好きな色、自分に合った色が選べます。そこまでお金をかけなくても買えるのも魅力的です。

また、いくら高級ブランドのメガネだからといって、メガネ自体が自分に合わないものであれば、相手に魅力を伝えるという目的から外れてしまい、自分の満足を満たすということになってしまうので、注意が必要です。

他にはどんな組み合わせがある?

ビジネスマンの方で見かけるのが、メガネとスーツのセットにフランスで使っているようなおしゃれなビジネスバッグ、ビジネスシューズ、知的なベルト、さりげなく見えるネックレスやリングなども一緒に身につけるとさらに魅力がアップします。気をつけたいのが、やりすぎるということです。

最近では派手なウォレットチェーンやネックレスなども流行っていますが、女性はギラギラしたようなファッションはかえって子供っぽく見えたり安っぽく見えることもあるので、より高級感を出して知性をかもしだしたいなら、あくまでさりげなくチラッと見えるように、そして見えたものが高級な感じがすると、素敵な人と感じてもらえるようです。

女性の心理は分からないと感じるかもしれませんが、これが逆の立場ならどうでしょうか。スーツにメガネの女性はセクシーな感じがするかもしれません。ですが、そこにジャラジャラアクセサリーをつけていたら、なんか違うな、と感じるかもしれません。

そういった意味では、どちらも感性が似ているともいえます。ですが、女性によっては自分に自信がない人が思った以上に多く、魅力的に見える男性に対して心では素敵と思っていても行動に移せなかったり、わざと冷たくしたりと女性によって色々な行動を取ります。

デキる男性としては、こういった女性の心理も理解して、相手がしてほしいことをすんなり出来るまで成長することが出来れば、本当の意味でデキる男になるといえるでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加