> 仕事 > 自分を変えるのは学ぶ意思!ビジネスマンが成長するための読書とは

自分を変えるのは学ぶ意思!ビジネスマンが成長するための読書とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.02.07

2014_2_75

人間が学ぶということは、何時からでも、幾つになっても続けられる貴重な知的活動の一つです。何かを学ぶということは、今ある知識や知恵を更に磨いて良いものにする、今の自分が知らないことを知って、見識や教養を深めるということです。

学ばない人間は成長することはありません。何かに学ぶ、何かを学ぶことで人は成長し、ビジネスマンで例えるなら仕事が効率よく、そして他の人には出来ないような働きぶりを、周囲に示すことが出来るようになっていくのです。

学ぶ、学習する、成長するのは自分を何らかの形に変化させることでもあります。急速に、しかも留まること無く変化し続けていく現代社会に適応していくためには、自分も変化し続けなければなりません。

だからこそ学ぶ意思を持つことが重要であり、学ぶ意思を学びに繋げるためには、読書という方法が最も手っ取り早いのです。自分が成長するための読書とはどんなものか、それを説明させていただきます。

学ぶ意思を持つということ

今の自分を変えたいという気持ちを持っている人というのは、要するに今の自分に満足していないということです。

何か自分に足りない部分がある、だからこそ学ぶことで足りないものを埋め、より理想の自分に近づこうと努力する。それが人間なのです。

しかし、世の中には学ぶ意志を持っていない人もたくさんいます。職場でいつまで経っても仕事を真面目に出来ない人、出世することが出来ない人というのは、学ぶ意思を放棄して、今のままの自分は十分だ、と自分で自分に見切りをつけてしまっているのです。

こうなってしまうのは、自分を高める努力をしなくても一応生きていけるからです。贅沢を望まなくても、爪に火をともすような生活でも気にならない、上を目指さなくてもそれなりに幸せだと思うことが出来るからです。

こう言うと何だかお金のことにこだわらない、人格者ばかりのように思えてしまいますが、資本主義経済の中にあって成長しようとしない人材、競争をしない人材は淘汰されるべきものなのです。

これら学ぶ意思を持たない人は、自分を高めるための努力をしません。自分を高められるようなものに手をだすことはあっても、実際に成長しようとはしないのが真実なのです。

学ぶ意思を持たないでいると、いつの間にか自分を高めないようになるだけでなく、学ぶ意思を持って成長しようとしている人、周囲の人の足を引っ張ろうという方向に動いてしまいます。

そうなるともう成長するどころの話ではなくなってしまいます。だからこそ、ビジネスマンはいつでも何かを学んで自分を変える意思を持っていなければならないのです。

学ぶ意思がないにも関わらず何かを学ぶということはありません。意思を持って何かをやった方が、より身を入れて取り組めるのは間違いのないことなのです。

ビジネスマンが成長するための本

さて、学ぶ意思を持って自分を変化させる、成長させるというのは良いのですが、しかし現実問題としてどのようにして成長するのか、何に学べばよいのか分からない、ということだってありますよね。

毎日残業が続いていて学校なんかに行く時間はない。スクールに通って精力的に学ぶほどの元気が残っていない、資金に余裕がない。そういったことはままあることです。

そんなビジネスマンの皆さんでも、極端に言えば年収200万円ちょっとのビジネスマンでも、年収数千万のビジネスマンでも、同じように学ぶことが出来るツールというものがあります。

それが、本なのです。本を一冊作るということは、作ったことが無い人にはわかりにくいものですが、非常に大きな労力が掛けられています。世の中にはたくさんのビジネス書がありますが、そうしたビジネス書を執筆している人というのは、普段会社で働いても出会うことのない人たちですよね。

世界的に有名な企業の重役、一大ブームを巻き起こしたヒット商品を生み出したビジネスマン、新進気鋭のベンチャー企業で市場を開拓している若き社長。

日本の経済を長く見つめてきた経済学者など、本人に会って話を聞くことが出来ないような人たちもたくさん本を書いているのです。これを利用しない手はありません。

そうした本の中には、自分と全く違う人生を送ってきてどのように成功し、どのように失敗したのか。どんなことに気を付けていたのか、どんな考えに至ったのか、ということがつぶさに記してあるのです。

本を読むということは、優秀な人の体験を擬似的に自分も体験するということです。本を読み、そこに書いてある内容を自分に当てはめ考える。

ただインプットするだけではなく、出来ればアウトプットもするようにしましょう。本に書いてあることを自分でも実際にやってみる、書いてあることが本当なのか検証してみる、内容を自分なりの解釈としてブログにまとめてみる。

学びというのはインプットとアウトプットの両方が行われてはじめて、あなたの成長の一助になるのです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加