> 仕事 > 流行りのLINEを徹底解説!ビジネスマンにとってLINEは重要?

流行りのLINEを徹底解説!ビジネスマンにとってLINEは重要?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.02.18

ガラケーと呼ばれた携帯から、スマートフォンやタブレットが一台ブームとなった現代日本のビジネスマンの皆さん、LINEというアプリケーションのことを耳にしたことはありますか?

主に若い世代の人たちがこぞって便利だと利用しているコミュニケーションツールの一つ、それも大流行しているのがLINEというアプリケーションです。

ただ、流行や興味本位でスマートフォンに機種変更してみたけれど、あまり使いこなしてはいない、という方にとっては良く聞くけれどもどんなものかは詳しく知らない、というものでもありますよね。

しかしもはやLINEは新たな情報インフラの一つと言っても過言ではないほどに普及しています。話題に、時代の流れに、技術の進歩に取り残されないために、今流行りのLINEというものが一体どういうものなのか、そしてそれはビジネスマンの皆さんにとって重要なのかということをご説明させていただきます。

LINEってどういうもの

LINEというのは、現在無料で提供されている、リアルタイムチャット型連絡アプリケーションの一つです。同様のアプリにカカオトークなどもありますが、知名度や利用者数は現在日本でLINEがトップと言って過言ではありません。

このLINEというものは、要するに携帯電話のメールのようなものです。従来使っていたメールのように、文面を考えて送信する、それを見た相手が返信を返してくる、という一連の流れは全く変わっていません。

LINEの特徴というのは、送った文面がインターネット上の掲示板やチャット画面のように全て表示されること、また既読という機能がついていることなのです。

良くパソコンを使われる方ならば、スカイプのスマートフォン版だと考えていただければ分かりやすいかもしれません。通常のメールはいつ返信が返ってくるのか、相手はいつメールを読んだのか分からないものですが、LINEは相手が文面を読んだら既読マークというものが表示されるようになっているのです。

メールのように送信画面や受信画面というものも区分けされているのではなく、全て同じ画面でシンプルに表示されているというのも人気の秘訣です。

いつでも気軽に、世界規模で爆発的に人気を博したTwitterやFacebookを筆頭とする、次世代のコミュニケーションツール。ソーシャルメディアに繋がる通信手段なのです。

LINEはどう使うのか

LINEというのは基本的にスマートホンなどのアプリケーションですが、実際にはパソコンでも使用出来るようになっています。メールアドレスのようなものはなく、使用開始時に自分の電話番号を登録することで、自動的にメールアドレスのようなもの、IDが配布されるようになっています。

とはいえ電話番号はLINEの運営会社が所持しているだけで、通信している相手に伝わる訳ではありません。使用開始時に選択することで、今現在自分のアドレス帳に記載されている電話番号から、LINEに登録している人を探す機能がついており、そのため知っている人同士なら新しくIDの交換をせずともすぐ連絡を取ることが出来ます。

自分のIDを伝えて相手に検索して貰ったり、スマートホン同士を近づけて連絡先を交換したりする機能もついており、自分のメールアドレスや電話番号を伝えずに相手に連絡出来るということで、特に匿名性を重んずる若年層に人気があるのです。

LINEで行えるのは、文字を使ったリアルタイムチャットと、音声通話です。人によってはこれまでメールと電話で行っていた通信を、全てラインでまかなっているという人もいます。手軽である程度の匿名性があり、尚且つメールと違ってリアルタイムに相手の返答を見ることが出来る。それがLINEなのです。

ビジネスマンにとってのLINE

ビジネスマンの間でもこのLINEが密かに広まりつつあります。クラウドやオンラインファイルストレージの大容量化、インターネット通信の高速化によって、開発系の職業ではよりダイレクトに仕事のファイルをやり取り出来るようになっています。

取引先の相手や上司、同僚とLINEでつながっておき、メールよりもレスポンスの速度の早いLINEを使ってリアルタイムに連絡を取っている、という人が増えてきたのです。

家族や友人と連絡を取るという人の多いLINEではありますが、LINEならではの気軽さもあり、ビジネスメールほど相手に気を使わなくて構わない、というところが受けているのかもしれません。

今現在LINEを利用していないビジネスマンの皆さんも、スマートフォンを使っているのであればひとまず登録だけは済ませておくことをオススメします。

メールはメール、電話は電話、LINEにはLINEの良さというものがあります。

自己紹介の後にLINEの連絡先を取り交わすような仕事だってあるかもしれません。乗り遅れないように準備しておくのが大切です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加