> 仕事 > 情報に敏感なビジネスマンはLINEを使ってはいけない!その理由

情報に敏感なビジネスマンはLINEを使ってはいけない!その理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.02.06

2014_2_66

毎日のように取引先や職場の同僚、上司らと連絡を取り合い、自分の仕事をガンガン進めているというビジネスマンの皆さん、連絡用のツールの一つにLINEを使っているという方も多いのではないでしょうか。

LINEは非常に便利なコミュニケーション方法です。広く一般的に普及していますし、リアルタイムに連絡を取り合うことが出来るというのが最大の魅力です。

しかし、もしも皆さんが情報に敏感なビジネスマンになりたい、そうでありたい、もしくは仕事の出来るビジネスマンになりたいということであれば、LINEを使用してはいけません。

何故こんなに便利なLINEを使ってはいけないのか。その理由を皆さんにご説明させていただきたいと思います。

情報に敏感な人になれない

ビジネスマンにとって、情報は最も重視すべきものです。自分だけが知り得ている情報が多ければ、その分代替のきかない人材だということになりますし、何よりも他の人と比べて多くの有益な情報を握っていれば、仕事をする上で大きなアドバンテージになるからです。

だからこそ多くのビジネスマンは難しい顔をしてニュースを眺め、新聞とにらめっこをしているのです。どんなに世の中に無関心でも、社会の中で働いている以上社会情勢や日本、海外の経済の動向や政治の動きというのは、仕事に直接的、間接的に関わってくるものなのです。

そんな情報の大切さを分かっていることが、出世や効率の良い仕事を出来るようになるための第一歩です。そのため、出来るビジネスマンというのは自分なりの情報収集や情報の整理を欠かさないのです。

つまり自分が情報を集め、把握し、支配する側に立っているということです。情報の大切さを知らない人は、そもそも情報を集めたりせず、もしくは飛び交う情報に踊らされて、正しい判断を行うことが出来ません。

しかし、LINEを使っていると、この情報の把握や支配が出来なくなってしまうのです。LINEは便利なアプリです。いつでも気軽に連絡を取ることが出来ますし、ちょっとした操作でグループを作って多人数で会話することだって出来ます。

音声通話まで可能になっています。そのこと自体を否定するつもりはないのですが、。既読機能がある、というただ一点が大きなデメリットとなるのです。

相手から送られてきたメッセージを読むと既読の表示がつく。これはLINEというアプリの大きな特徴なのですが、これだとどうしてもその場でのレスポンスを求められてしまうのです。

例えばメールで何か質問や相談を送られてきても、いつ応えるのか、というのは自分の裁量で決めることが出来ます。他の仕事を優先するのか、取り敢えず内容はさておきメールが届いたことのみを伝え、後から対応するのか、ということです。

情報を把握し支配するということは、自分の判断やタイミングに従って仕事を進めていくということです。ここに既読機能が入ってしまうと、「既読になっているから読んでいるはずなのに、どうしてレスポンスが無いんだ」と相手から思われてしまいます。

それを防ぐために常にやってきたメッセージに対してその場で反応しなければならなくなります。気が付きませんでしたという言い訳を使って、そもそもメッセージを見ないという方法もありますが、それでは普段身につけているスマートホンの、新着表示すらチェック出来ない人間だと思われてしまうのです。

送られてくるメッセージもれっきとした情報の一つです。その情報に対して自分の意思ではなく、やむを得ない事情によって対応せざるを得ないというのは、情報を重視するビジネスマンにとっては本末転倒な出来事なのです。

LINEは仕事の邪魔になる

LINEの良いところはリアルタイムに連絡を取り合うことが出来ることです。ただ、リアルタイムと言っても普段は自分の仕事をしていますよね。いつもいつもLINEの返答に構えている訳にはいきません。

実際メールチェックは一日の内この時間のみ行う、など決めて仕事をしている人もいますよね。LINEを使っていると、どうしても仕事をしている最中に連絡が入り、それに対応しなければならないため仕事の手が止まってしまうのです。

どんなに集中していても、途中で別の作業が入れば集中力は途切れてしまいます。連絡というのはいつ来るか分からないと思っていれば身構えてしまうものです。便利だからこそ、いつ連絡が来るか分からないので、仕事の邪魔になってしまうのです。

出来るビジネスマンになるためには、他人の都合ではなく自分の都合とスケジュールで仕事を進めていく能力が必要です。ことあるごとに仕事の邪魔になるので、LINEを使っているといつまで経っても仕事を進めることが出来ません。

それならばLINEを削除して、メールと電話のみの従来型の連絡手段にしぼり、その代わりにきちんと自分で情報を管理した方が良いのです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加